読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ボーイフレンド演じます (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

ボーイフレンド演じます (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

ボーイフレンド演じます (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

作家
アレクシス・ホール
丹地陽子
金井真弓
出版社
二見書房
発売日
2021-07-21
ISBN
9784576211145
amazonで購入する

ボーイフレンド演じます (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Michelle

Net Galleyで読了。実は翻訳M/M小説を読むのは初めて。これが今の最先端なのかな。3年後にはもしかしたら賞味期限切れになっているかもしれない。それぐらい「今」という感じ。プラス、イギリスの風習やカルチャーに精通していないと意味が分からないところも多くて、LGBTQ、環境問題、差別問題、ヴィーガン、ベジタリアン、流行りの食べ物、エンタメ、SNS、ネットサービスなど、作者は読者に寄り添うような事はせず、これがどれだけ理解できますかと、試されているようにさえ感じた。全部分かったらかなりのイギリス通。

2021/06/27

ヘジン

2人のロマンスの心情描写も、ロマンス以外のエピソードも素敵だった。ふふふ。大爆笑する箇所がそこかしこにあるので外で読むのは要注意。同じレーベルの『赤と白と〜』の登場人物は個性的だけどセレブでハイスペックだが、こちらの話は個性的というより変人の一般ピープルがたくさん出てきて、その徹底して空気を読まない態度がより私の好み。公立図書館がこういったLGBTQ+関係の話を推薦図書にするとはさすがアメリカ。軽いロマコメと見せかけながらいろいろと深い。『ル・ポール』ネタが出てきて、タイムリーに視聴中なので嬉しかった。

2021/07/23

北風

イギリスと日本って随分と違うのね、となんだか改めて思った。だけど、毒親みたいなのは、世界共通なのが変な感じ。ロックスターのおやじが最低。まじでガンで死ねばいい。日本だと芸能人じゃ無ければ子供は追い回さない印象なのに、気の毒ったら無い。とにかく、オリヴァーにとっては遅刻するルシアンが自由な王子様に見えたんだろうな。

2021/07/25

作者の独特なユーモアセンスがめちゃ好き。ちょっとシュールで、真顔で面白いこと言ってくる感じ。1章に1回は吹き出しながら読んだ。面白いし主人公2人は可愛いし、休日のサクッとハッピーな読書にお勧め。 これと似てる:個人的にはSex educationかなあ。ちょっと変わった人達がこれまたちょっと変わった周りの助けを借りて頑張る話。こっちはティーンじゃなくて大人の話だけど

2021/07/23

感想・レビューをもっと見る