読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

美しくないゆえに美しい女たち

美しくないゆえに美しい女たち

美しくないゆえに美しい女たち

作家
小谷野敦
出版社
二見書房
発売日
2021-10-26
ISBN
9784576211572
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

美しくないゆえに美しい女たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kokada_jnet

現代実在女性の容貌についての本かと思ったら。アン・シャーリーら「世界名作劇場」の主人公やキャンディ・キャンディが登場。曲亭馬琴の悪妻と孝行な嫁などが登場。トーベ・ヤンソンの次には「ニルスの不思議な旅」の原作者が登場。「蒲団」のヒロインや、島崎藤村の不倫相手の姪もでてくる。エレノア・ルーズベルトが出たと思ったら、英国本格派のジョゼフィン・ティンが登場。結局、猫猫先生の人生で興味を抱いた女性たちについて、プロフィールを紹介し、極私的な感想を加えていくという本なのであった。奇書だが、これはこれで、非常に面白い。

2022/01/25

中玉ケビン砂糖

そういう線できたか……。常に「綺麗」でも「可愛い」わけでもないが、たまになぜか印象に残る人がいるのはなぜか、どう評すればいいのかという(あくまでも著者曰く)「ブス美論」をめぐる(夕刊フジっぽい)人物コラムの小篇集。ただし「ちょうどいいブス(©山崎ケイ)」ではなく、世間的に見ればみんな(ほとんど)美人。それにしても小谷野敦ってなんでこんなに「エラそう」な文章を毎度毎度書けるのだろうか。いわゆるハスミ的な「エラそう」ではなく、「東大出身で知識人の私が書いた」という絵に描いたように俗~な「エラそう」

2022/01/17

イワハシ

博覧強記の著者が気の向くままに綴った気になる女性たちのエッセイ。内容は、あくまで個人の見解。最近こういう投げっぱなしみたいな仕事が多い気がする。

2022/04/16

あざすたしあ

実在の女性作家から女優、はたまたアニメのヒロインのキャンディキャンディまで、さまざまに「好きだな」とか「気になるな」と著者の心に引っかかる女性を好き勝手に書いたミニコラム。群ようこと小林聡美を好みっていうの、なんとなくわかる気がする。ちんまりした高くない子犬っぽい女性がタイプなんだな。マラソンのQちゃんも誉めてた! 川端の「雪国」や田山花袋の「布団」などのヒロインのモデルにされた女性たちのエピソードとかも面白かった。

2022/02/24

(202111,770.4)小谷野さんはとても好きである。岸本葉子好きという点は残念だが、今回も、チョイブスをうまく描写し、礼賛しており厭味がなく、取り上げられることは不名誉なことではない。上村松園という歴史上の偉人の逸話を開陳する話法、角田光代に関する小谷野さんの個人的な体験、三浦瑠璃の立ち位置に対する全男性を代弁する評など、照射角度もそれぞれ。容貌・人となり以外にも、トーベヤンソン内でのスナフキン評など、「!」な話も点在。フェミが怒りそうなタイトルだが、小谷野さんの女性への敬愛と知識量の伝わる一冊。

2021/12/24

感想・レビューをもっと見る