読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

梅干しを漬けてわかること

梅干しを漬けてわかること

梅干しを漬けてわかること

作家
有元葉子
出版社
文化出版局
発売日
2021-03-19
ISBN
9784579213757
amazonで購入する

梅干しを漬けてわかること / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

てぃうり

土用の丑に干すぞ干す。仕事場に持って行って干すか悩む。

2021/07/22

さと

憧れの料理研究家の本を久しぶりに手に取る。豊かで丁寧な暮らしぶりが伝わってくる。わが家の食卓の梅も、最近は甘い減塩のものに変わってしまったなぁと思う。祖母が漬けていたしょっぱくて酸っぱくて、白いご飯かお茶と一緒じゃないととても食べられない梅干しを懐かしく思い出した。

2021/06/10

まうんとふじ

梅干しをつけるのはめんどくさいけど、梅ジュースは作りたい

2021/05/24

erio20170122

2021年刊行。母から教わった塩分18%の昔ながらのしっかりしょっぱい梅干。梅の季節に梅干やシロップ、梅酒、梅エキスなどを作るたびに思う諸々のことも含た梅仕事の入門書。毎年同じ時期に出回る梅や紫蘇、土用干しなどの年中行事が、最近は気候変動のためか昔のようにいかない。それに合わせて昔のやり方を少しずつ変えて、土用干しなら合計で3日になるように干すなどの工夫をする。昔の梅干を知っている幸せな人は、ぜひ少量から梅干づくりに挑戦して欲しい。塩が慣れてきた梅の味と作り立ての味も違う。経験し続けて初めてわかることも。

2021/09/27

だい

読むのが少し遅かった。梅酒ばかり作っているので、来年は梅干し、漬けてみよう。

2021/08/01

感想・レビューをもっと見る