読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひとりを愉しむ 食事

ひとりを愉しむ 食事

ひとりを愉しむ 食事

作家
有元葉子
出版社
文化出版局
発売日
2021-05-21
ISBN
9784579213870
amazonで購入する

ひとりを愉しむ 食事 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とよぽん

表題「ひとりを愉しむ」と「食事」の間のわずかな空間に、深い意味があると感じた。有元さんは、食事を「生きるために食べる事をする」と言い切る。ひとりでも、誰にも見られていなくても美しく芽吹き落葉する木々のように、人間も自然の一部。という言葉に凜とした潔さが響く。白飯、玄米などご飯の炊き方が実に丁寧で、食事の基本を示している。この本で一番強く印象に残ったのは、「常備食」のページ。ひじき、大根、小松菜、蒸し鶏、野菜や魚の粕漬けなど、シンプルで応用自在。大豆みそ、にも挑戦してみたい。これは生き方の本だと思った。

2021/09/25

たまきら

またまた有元さんの素敵な本。花束のような表紙の野菜もきれいですが、シンプルなのに簡単にはまねできない独特の世界観にうっとり。鉄鍋でお米かあ…今度開拓地でやろう。食べるって、一人で食べるって、どうにでも流れる。でもどっちへ行く?食べる、生きるを真剣に考えさせてくれる美しい一冊です。

2021/11/23

りょう

一人暮らしで、トンカツを揚げ、ピザを作り、餃子を皮から作る、その丁寧で楽しむ暮らしに脱帽。見習わなきゃだなあ。

2021/08/22

skr-shower

想う生活が豊かになるようなレシピ本、写真絵本のようです。

2021/08/07

まわる

図書館。ごはんに合うビーフシチュー作ってみたい。

2022/03/04

感想・レビューをもっと見る