読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)

作家
五味太郎
出版社
文化出版局
発売日
1977-06-20
ISBN
9784579400218
amazonで購入する

ジャンル

かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kawai Hideki

先日、五味さんの「きんぎょがにげた」を遊べるようになっていたのを見て、こちらはどうかな?と思って再読。「じしゃく」がちょっと見慣れなかったようだが、他はだいたい見つけられるようになっていた。というか、帽子を見たら自分の帽子を持ってきたり、歯ブラシを見たら「アンパンマン!」を連呼したり(我が家はアンパンマンの歯ブラシを利用)と、絵本そっちのけで脱線しまくりだった。うれしいねえ。

2014/11/09

ゆうじ

意外と隠したところがわからないよ

2017/11/08

Kawai Hideki

手袋や歯ブラシや鉛筆を、ニワトリやワニやカマキリなどの動物たちがしれっと隠しているのにツッコミを入れて遊ぶ、楽しい絵本。ページがすすむにつれて難易度も高くなっている模様。もう少し大きくなってから、また一緒に読みたい。

2013/06/29

kaizen@名古屋de朝活読書会

五味さんの絵は、分かりやすく、特徴を捕まえているので、子供に安心して見せられます。 これは何ということを聞かれるのではないだけでなく、楽しい雰囲気を醸し出しているからかもしれません。

2012/02/16

nico

隠した、というより体に取り込んでいるwちょっとカメが心配。えんぴつの遊び心とラストが好き。でも『たべたの だあれ』のほうが好きかな!

2014/05/30

感想・レビューをもっと見る