読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

本気 書作品の英訳付き

本気 書作品の英訳付き

本気 書作品の英訳付き

作家
相田みつを
相田一人
出版社
文化出版局
発売日
2006-09-29
ISBN
9784579501823
amazonで購入する

本気 書作品の英訳付き / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

チロル

家本再読46冊目。大好きな書家詩人さん。「『道』/ 長い人生にはなあ…」で始まる詩に感銘を受けました。「『肥料』/ あのときの あの苦しみも…」にも同意見。人は頑張っただけ、成長するいきものです。笑ったあの日も、泣いたあの日も。本書にある全ての言葉に頷けます。もしかしたら矛盾してる、対極??してる作品もあるかも知れませんが、人間の真実ってそういうところにあるのだと思うのです。言葉では言い切れない色んな思い。矛盾ではなくて、どちらも本当。それを包み隠さず教えてくれる彼の書(詩)が好きなのです。→以下に続く

2018/04/11

パスティル

ちょっとへこんだことがあったので、癒されました。いつ読んでも勇気がもらえます!

2014/04/29

ひまわり

「ひとりになりたい ひとりはさびしい」「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」「どんな仕事でも徹すればかならず生きられるものです」「しあわせはいつも自分のこころがきめる」

2012/07/21

ひろ§

本気という言葉、すきだな。

2016/11/11

Mori

最近、仕事があまり楽しくない。疲れる。確かに、あの頃、疲れてもさわやかな清々しさがあった。まだ、本気じゃない。今日から仕切り直す!

2016/04/16

感想・レビューをもっと見る