読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

常用字解 第二版

常用字解 第二版

常用字解 第二版

作家
白川静
出版社
平凡社
発売日
2012-10-27
ISBN
9784582128109
amazonで購入する

常用字解 第二版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ああああ

なに引いてもだいたい呪術が出てくるので便利。組版もゆったりしててよみやすい。朝礼とかで「えー広辞苑によるとそもそも○○とは……」とか話しはじめる校長先生とかいるけど、「えー常用字解によると……」って語ったらおもしろいとおもう。「えー本日は卒業式ですが、そもそも卒とは死者の衣のひもを結んでとじて、霊の出入を禁ずることが起源となっておりまして、ついに終わってしまったということ、死んでしまったということになります」とか、いいんじゃないかな。

2014/02/14

nocturne2015

普段使っているのに、分からない漢字の意味を調べるのによい。特にその字の意味を聞かれて答えられない時は、この辞書は最適。北京語のピンインは載っていない。ささっと調べたい時に音読みでページをめくっていくので、その字にたどり着けないことも。やはり電子辞書よりよい。

2017/04/08

裏竹秋

大時代的ヨイシヨふうに持ち上げておけば、下手な小説なんか讀むよりもよつぽどおもしろい。第一に漢字の構成からひとつひとつ意味を探り当ててゆく様子が推理小説のやうだ。第二に筆者は博学で、おもしろい蘊蓄がその後ろをついてまはる。第三にまへがきにあるやうに本書は主として中高生向けにわかりやすく解説することを試みてゐる。第四に文字資料として代表的な甲骨文字や金文が掲げられてゐる(明朝体と見比べるのが愉しいぞ)。第五に……とまあほめることが盡きないから、ここで僕の気に入つた項目をちよつと引用します。

2020/02/06

Bret Mayer

いつも大変お世話になっています。

concreteseijin

なしの花の白さを雪にたとえて、なしの花を梨雪という。

2014/11/25

感想・レビューをもっと見る