読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

河合隼雄 物語とたましい (STANDARD BOOKS)

河合隼雄 物語とたましい (STANDARD BOOKS)

河合隼雄 物語とたましい (STANDARD BOOKS)

作家
河合隼雄
出版社
平凡社
発売日
2021-05-27
ISBN
9784582531794
amazonで購入する

河合隼雄 物語とたましい (STANDARD BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

やはり、河合先生の文章は、こころにも身体にも沁みる。温和でかつ、ユーモアもある、あの語り口を想い出す。こんな視点を持てるようになりたいと切に思う。

2021/07/25

Y2K☮

「ユング研究所の思い出」が印象深い。白か黒かの明快回答が正しいとは限らぬ。曖昧なものや複雑なものをまとめる行為のプロセスで大事な栄養素を削ぎ落していないか。たとえば決めつけない、囚われない一元論こそ禅の本質だと思うが、欧米人の多くはそれよりも「悟り」というシンプルな結果を求めたがる。たしかに真理はシンプルだがシンプルなものが真理というわけではない。「魂」と「たましい」の違いやフルートがひとつの音しか出せない話も慧眼。己の身体と心の声を大事にするように、他者の発する音のない音にも耳を傾けられる者でありたい。

2022/01/04

pirokichi

一作家を一冊で紹介する平凡社のこのSTANDARD BOOKSは、これまで神谷美恵子さん、星野道夫さんのを読んだが、ガイドブック的に気軽に手に取れるし、大きさも丁度良く、装丁もきれいでとても良い。なので河合隼雄さんのが発行され即購入した。「幸福ということが、どれほど素晴らしく、あるいは輝かしく見えるとしてもそれが深い悲しみによって支えられていない限り、浮ついたものでしかない、ということを強調したい。恐らく大切なのはそんな悲しみの方なのであろう」「人の心などわかるはずがない」栞の執筆は若松英輔さん。

2021/06/08

ルル

海に行った時、ビーチパラソルを借りたくだりで、「影を買う」という表現をされていた。人間の内面にある光と影をずっと見てきたからなでは、とずっしりときた。

2021/09/04

柚木あんづ

日本で初めてユング派分析家の資格を得た心理学者である、河合隼雄さんの随筆。栞は若松英輔さん。“よき教師は、退屈せずに主体的に「待つ」ことを知っている。そして、その「とき」がきたとき、私たちはそれを子どもと共有し、意味を確かめ、経験を共にすることができる。このときに感じられる「存在感」は、何時何分にどこにいたというような意味での存在を、はるかに超えたものとなっているはずである。(子どもの「時間」体験)”難しい内容があったものの、この一文を通して母を思い出すことができたのが個人的にはうれしいことでした。

2021/06/27

感想・レビューをもっと見る