読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

白洲次郎 (コロナ・ブックス)

白洲次郎 (コロナ・ブックス)

白洲次郎 (コロナ・ブックス)

作家
白洲正子
辻井喬
宮沢 喜一
青柳 恵介
朝吹 登水子
中村 政則
三宅一生
出版社
平凡社
発売日
1999-08-25
ISBN
9784582633641
amazonで購入する

白洲次郎 (コロナ・ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tadashi_N

憧れる生き方だが、貫き通すには覚悟とプリンシプルが必要。全てが格好良い。

2017/06/11

詩歌

写真が主。中年期が好み。

2014/04/13

takan0ri0

白州次郎の生きざまを関係者のインタビューと記録写真、遺品で表した写真集のような本。一言でしか言えないけど、一言で言うと「白州次郎は超絶ダンディイケメン」 かっこよすぎる

2012/05/03

Gin

オススメ。

2011/02/03

でおでお

単に高価なモノを身に着けるのはお洒落にあらず、自分の肉体、パーソナリティと一体化してこそであることを体現した人。知人の回想文は散発的にすぎ、むしろ写真が白洲の人となりを雄弁に語る。

2007/12/11

感想・レビューをもっと見る