読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

家族を容れるハコ 家族を超えるハコ

家族を容れるハコ 家族を超えるハコ

家族を容れるハコ 家族を超えるハコ

作家
上野千鶴子
出版社
平凡社
発売日
2002-11-01
ISBN
9784582705089
amazonで購入する

家族を容れるハコ 家族を超えるハコ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

浅香山三郎

『51C 家族を容れるハコの戦後と現在』(平凡社)からの流れで読む。家族の変容といふ現実を前に、近代家族をハコとして規定してきた住居(建築)と建築家の功罪を問ふ。一般に建築家が作つた建物は実用的には「使へない」ものが多いのだが、だうしてさうなつてしまふのかといふ検証を、保田窪団地の建築家山本理顕氏相手にズバリやつてしまふのがいかにも上野千鶴子らしい。

2018/08/07

emi

建築で社会学を考えるのは面白い。確かに、社会生活や家族を取り巻く環境、在り方が変化しているにも関わらず、住居形態にはほぼ変化がない。著者の強い考えのため、対談相手により話が飛躍的であったり、議論が中途半端な感はしなくはない。テキストだけ見ているとけんか腰のようにも感じたり、対談相手が距離を取っている感覚はするのだが、ある意味ではこのような対談が発生したのは著者ならではのような気もするので、アリと言えばアリ。その割にカタカナ語が多く読みづらさを生んでいるのだが、もっと建築家の専門的な意見は聞いてみたい。

2012/02/03

Squatter

集合住宅で、コモンスペースがその内部にあるって中国の伝統的な形であるような…。そこまで革新的な試みとは思わない。n+1DKモデルには空間的な制約があるのでは。家族が空間の規範(夫婦の寝室はひとつ、とか)を内面化してしまっているというのは、正確には空間の規範のオルタナティブなんて想像もつかないということだと思う。nLDKというモデルを今まで当然のものと思っていたけど、(高層の)集合住宅という発想自体、確かに新しいのか。集合住宅だと1Fに店舗とか入れているところもあるけど、コモンスペースを作るのは難しそう

2017/01/23

きくえ

家のつくりでお母さんの部屋がないことは子どもの頃からのすごい謎だった自分にとって、目からうろこのとれた思いです。そうか、家全体が全部自分の部屋で自由にしていいんだ!と。あと、上野先生は日本の主婦は主婦たる仕事をしていない!っていうようなことが書いてあったけど、具体的にどういうところがなんだろう?と専業主婦の自分はそこに注目してしまったり。にしても、自分は自分の部屋欲しいなぁ。家族のスペースは自分にとって自分の部屋じゃぁないんだよなぁ…。

2013/06/07

hisakodosu

ハコもんを作りすぎて破綻してしまった夕張市のことを思い出してしまった。2002年の本なので今は本に書いてあることが随分変化しているとは思うが建築学と社会学のコラボは面白かった。

2014/05/28

感想・レビューをもっと見る