読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

電信柱と妙な男: 小川未明怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

電信柱と妙な男: 小川未明怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

電信柱と妙な男: 小川未明怪異小品集 (平凡社ライブラリー)

作家
東雅夫
小川未明
出版社
平凡社
発売日
2019-07-12
ISBN
9784582768848
amazonで購入する

電信柱と妙な男: 小川未明怪異小品集 (平凡社ライブラリー) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

童話から小説まで小川未明の怪異に関する作品を集めた者だが、どの作品もその底にあるのはノスタルジアと恐ろしいほどの寂寥感である。傑作「赤い蝋燭と人魚」「金の輪」を読んだ時にも感じるのだが、この空恐ろしいほどの寂しさとそれでいてそこに引き付けられる感じが全編に横溢している。とはいうものの怪異小品と銘打たれているだけあり、寂しさの中に恐怖を感じさせる物も多く収録。「僧」とか完全にホラー小説だし「捕われ人」や「老婆」等も得体の知れぬ空気が息苦しくなるほど迫ってくる感じ。著者の新しい魅力を教えられる一冊であった。

2020/05/17

ペペロニ

激しく揺さぶられるような怖さではなくしっとりと肌にまとわりつくような怖さのある作風と感じた。作者の故郷も影響しているのだろうか。気に入った話はいくつもあるが「島の暮れ方の話」「過ぎた春の記憶」「森の暗き夜」。あとは表紙も良い。

2019/07/28

ロア

雪、海、風、月、森、砂漠、夜

2019/12/01

ハルト

読了:◎ 魔が堕ちてくるような、禍々しく美しい小品集。ふと背中をふり返ると気配があるような、真夜中に響く足音のような、ぞわりとするおぞましさ。そんな禍々しさが宝石のような魅力となって、ギラギラと点滅する。昏く恐ろしいからこそ魅力的で、惹きつけられました。

2019/08/22

くろばーちゃん

面白かった。童話作家としての未明は昔から好きだったが、この本の作品はほとんどが未読のものだった。暗い、寒い、不気味な中にあって、平和への思いも好きだ。「たましいは生きている」「血の車輪」などは今こそ読みたい作品だ。

2019/10/09

感想・レビューをもっと見る