読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幻想童話名作選: 文豪怪異小品集 特別篇 (920;920) (平凡社ライブラリー い 36-2)

幻想童話名作選: 文豪怪異小品集 特別篇 (920;920) (平凡社ライブラリー い 36-2)

幻想童話名作選: 文豪怪異小品集 特別篇 (920;920) (平凡社ライブラリー い 36-2)

作家
泉鏡花、内田百閒、宮沢賢治ほか
東雅夫
出版社
平凡社
発売日
2021-08-06
ISBN
9784582769203
amazonで購入する

幻想童話名作選: 文豪怪異小品集 特別篇 (920;920) (平凡社ライブラリー い 36-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まさ

東雅夫氏のアンソロジーの中でも異色ではないか。文豪たちの童話が集まると、もうなにがなんだか、驚き、嬉々とし、悦に入る。それが次々と。谷崎潤一郎の描く人魚、三島由紀夫の描くおばあさん、芥川龍之介の犬、百閒の桃太郎…。こう続けられると、困ります。

2022/03/01

凛風(積ん読消化中)

江戸川乱歩や谷崎潤一郎、小川未明に佐藤春夫など、錚々たるメンバーによる童話アンソロジー。16作品を収める。与謝野晶子の『うなぎ婆さん』のナンセンスや三島由紀夫の処女作『大空のお婆さん』(婆さん並びはたまたまです)の童話に向かない感じにニンマリしながら読んでいると、室生犀星の『寂しい魚』の余韻の深さに絶句する。芥川龍之介の『犬と笛』は、何度も繰り返す語りがいかにも昔話な作りで、さすが芥川。どれも秀作揃いで、読んで良かった。平凡社ライブラリの本は紙質が良く、色や手触りも好き。それだけでも読書時間が楽しくなる。

2021/11/18

うーぽん

文豪たちによる珠玉の幻想童話集。16人の名匠が紡ぎ出す世界におぼれる。なんて贅沢なアンソロジーだろうか。美しくてあやしく、切ない作品たちに魅了される。特に好みは、夢野久作【ルルとミミ】谷崎潤一郎【人魚の嘆き】小川未明【眠い町】芥川龍之介【犬と笛】。

2022/03/14

Moeko Matsuda

どれも面白かったが、室生犀星「寂しき魚」、佐藤春夫の「おもちゃの蝙蝠」、谷崎潤一郎「人魚の嘆き」が気に入りました。あと、別格で夢野久作「ルルとミミ」。悲しくて美しい作品だったなぁ…。どの作品も面白くて、幻想童話名作選のタイトル通り、読みやすく、且つ不思議で目眩のするようなお話ばかりだった。個人的に、このシリーズにはハズレ無しですね。

2021/10/10

しょうゆ

大人向けの童話が多く全体的に薄暗い雰囲気が漂っている。個人的な趣味に合致していたのでほとんど面白く読めた。特に「海戦の余波」は地の文が文語体で会話は口語体という形式でしか生み出せないかっこよさがあり痺れた。内容も、日清戦争と竜宮伝説なんてどうやったら思いつくのだろうか。「人魚の嘆き」の耽美な世界観も良かった。「寂しき金魚」、すごく哀しくて好きだけど、これが児童向けの雑誌に載っていたことに驚く。

2022/02/17

感想・レビューをもっと見る