読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

手のひら返し de あっせんなよ ≪内藤哲也のホンネ録≫

手のひら返し de あっせんなよ ≪内藤哲也のホンネ録≫

手のひら返し de あっせんなよ ≪内藤哲也のホンネ録≫

作家
内藤哲也
出版社
ベースボール・マガジン社
発売日
2019-12-11
ISBN
9784583112596
amazonで購入する

手のひら返し de あっせんなよ ≪内藤哲也のホンネ録≫ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Y2K☮

家族の話とかBUSHIやヒロムとのエピソードがやはり目を惹く。いつかの動画でも「ヒロムくん」と呼んでたな。あと寝坊と忘れ物が多いとは聞いていたが、まさかそんな大事な日に。さすがです。多分その辺のマイペースなところがメキシコの空気と合ったんでしょうな。ともあれIWGP&インターコンチの二冠、おめでとう。1.5のオカダとの試合はもう最高に素晴らしかった。スターダストプレスが久しぶりに決まった時とか完全に我を忘れて叫んでました。偶然かもしれないけど、あれライガーさんが考案した技だからね。これからも応援します! 

2020/01/07

黒井

20-8】リング上においては冷静に周りを見ている人なんだな、という印象。対戦相手だけでなく観客の方にも行き届く広い視野は、プロレスラーになる前からプロレスが好きだった事が多大に影響しているそう。毎回開場前に一番遠い席からリングを眺める習慣とか。ベルト壊す等の初めて知った破天荒な行為には戸惑いもしたけどそこに自分なりの理屈がある事はよく分かった。そしてそこまで冷静で観客から見られる事を意識してもいるのにオフになると途端に緩くなるギャップも素敵。一昨年と去年の文章だから今に繋がる話題も多々あって。面白かった!

2020/01/12

黒井

21-45】全ての出来事が未来への伏線になり得るのがプロレスだと認識してはいる。でも"未来は過去を変える"という『マチネの終わりに』で目にした一文が過って遣る瀬無く感じたのも確かだ。内藤選手に対する思い入れが増した事実も影響してはいるけど、186頁を初読時と同じ感情で読むのが絶対に無理になってしまった事はそれとは別次元の話。選手も観客も含めて移り変わる時代の真っ只中に居るのが今なのだ。/リング外での振舞いもプロレスラーとしての魅力を底上げするのが面白いよね。お姉様の奔放さもフットワークの軽さにも憧れます。

2021/04/15

0607xxx

リング上の言動だけでは分からない、リング外でのプロレスラー・内藤哲也の一面が満載。家族の話からは良い親子関係が伺えられ、プロレス以外の話も興味深く面白かった。それにしても、本にもよく登場するジュニアヘビー級王者・高橋ヒロムとの戦いを楽しみにしていたが、コロナの影響で中止になったのは非常に残念…。コロナのバカヤロー!今後も内藤哲也に目が離せない。

2020/04/21

Tak

なかなか面白い。正直二番煎じのパッとしないレスラーだなと思っていたけど考え方とか方向性を見直し大成功したレスラーとなり今では応援しています。普段のマイクアピールでは絶対聞けない家族の話は特に面白かった

2019/12/22

感想・レビューをもっと見る