読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

道なき未知 (ワニ文庫)

道なき未知 (ワニ文庫)

道なき未知 (ワニ文庫)

作家
森博嗣
出版社
ベストセラーズ
発売日
2019-04-22
ISBN
9784584394021
amazonで購入する Kindle版を購入する

道なき未知 (ワニ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

これまで森さんが発表なさってきた内容を、ことばを変えて書いているだけであり、こちらにとっては指さし確認作業みたいな読書。だけどしっかり購入して読んでしまっていることに、ねじれた敗北感を感じる。

2019/04/27

lily

AI思想のような人生の盲点における感情論抜きの数学的で模範的解答。読むのと書くスピードが変わらない超天才。35年間病院も行ったことがなければ、一錠の薬も飲んだことがないらしいが、fMRIで脳の働きを観察したら面白い発見があるに違いない。遊びを本気でいつまでも楽しめる子供でいられることこそが高度な精神性であり、森博嗣にとっての生きやすさなのである。私の生きやすさも一生ひたすら読書をしていることなのだけれど。

2019/06/05

Yuri

普段はエッセイ読みませんが、この作家さんは別。 生きている状態というのは、例外なく「死ぬ途中」である。 この死生観?人生観?に強く共感。 自己啓発とまで押し付けがましくもなく、でもとても深い事が綴られてます。良い本だ。

2021/01/26

ポコロコ

いわんこさん本。エッセイって「俺はこう思うんだワン!」と言ってるだけだから説教くさくなくて良いよね。Fになるしか読んだことないんだけど前から好印象もってたしイメージ通りな内容だった。エッセイ連載当時は尖った考え方と受け止められてただろうけど、いまでは結構同じような感覚の人も増えたんじゃないかなあ。結構すんなり入ってくる感じでした

2020/02/02

黑春

仕事は道の一つにすぎないし、不可欠なものでもない。生きていく目的というのは、むしろ自分の変化を楽しむ方にある、と僕は感じる。

2020/05/06

感想・レビューをもっと見る