読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

貧困と生活困窮者支援: ソーシャルワークの新展開

貧困と生活困窮者支援: ソーシャルワークの新展開

貧困と生活困窮者支援: ソーシャルワークの新展開

作家
埋橋 孝文
奥田 知志
行岡 みち子
有田 朗
鵜浦 直子
門田 光司
石田 慎二
高橋尚子
郭 芳
野村 裕美
櫻井 純理
垣田 裕介
田中 聡子
倉持 史朗
同志社大学社会福祉教育・研究支援センター
出版社
法律文化社
発売日
2018-10-10
ISBN
9784589039569
amazonで購入する

貧困と生活困窮者支援: ソーシャルワークの新展開 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆう。@道北民

貧困や生活困窮者に対する支援方法として「伴走型支援」の重要性を本著は問いかけます。その支援とは「解決をしない」支援であり専門家による高度な支援とは異なります。福祉対象者と一緒に傍で伴走することが大切だとしています。この支援方法に対しては個人的には異論があります。僕はただ傍らに共に在る存在としての支持的支援というのが持論ですから。その他家庭支援、学校や保育におけるソーシャルワークについても論じられていました。保育ソーシャルワークについては保育者とは別にワーカーの存在が必要なのかも含め議論を呼ぶことでしょう。

2018/11/17

感想・レビューをもっと見る