読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

男が「離婚」を語るとき

男が「離婚」を語るとき

男が「離婚」を語るとき

作家
亀山早苗
出版社
ポプラ社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784591074954
amazonで購入する

男が「離婚」を語るとき / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みーなんきー

男性は知らないうちに、女房から離婚を突きつけられ、話し合いに疲れ、印を押してしまう。その後何年も、自分のどこが悪かったのか自問自答しながら、ぽつんと取り残され一人暮らしをしていく。女性は年齢を重ねるごとに生き生きとし、昭和の化石の様な旦那をある日ポイッと捨て、自由になる。

2015/09/04

max99

こっちは一生添い遂げようとして、必死で頑張っているのに、「なんとなく」で離婚されたんじゃ堪らないなーって思った。

2010/06/12

関東のカササギ

著者の亀山さんと言えば婚外恋愛(不倫)について書いた本で有名な方で、よく読んでいます。今回の「離婚」というテーマは不倫と関係があるにしても少し視点が異なり、新鮮で面白かったです。第三者だからこそ、面白かったと言えるのかもしれませんが...。

2020/05/28

感想・レビューをもっと見る