読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

じしんのえほん―こんなときどうするの? (地震防災えほん)

じしんのえほん―こんなときどうするの? (地震防災えほん)

じしんのえほん―こんなときどうするの? (地震防災えほん)

作家
国崎信江
目黒 公郎
福田 岩緒
出版社
ポプラ社
発売日
2006-02-01
ISBN
9784591090671
amazonで購入する

じしんのえほん―こんなときどうするの? (地震防災えほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kawai Hideki

先日、関東地方を襲った長い揺れのおかげで、がぜん地震に対する興味と恐怖心が芽生えてきた娘に。7人の小学生が主人公。放課後に大地震が起こった想定で、それぞれのシチュエーションでの地震からの身を守る方法を説明。路上、家の中、学校の中、公園、スーパー、海の近くの道路。「大きな地震ではテレビがとび、タンスが歩き、ピアノが走ります」「津波は遅くてもおそくとも新幹線なみのスピードです」など、「おうちの方へ」の解説文もかなり刺激的な地震教育絵本。

2016/05/29

たまきら

先日よく似た絵本をすごく真剣に読んでいたので、こちらも借りてみました。下の方に様々な質問が書いてあり、読んでいる子供たちの観察力や洞察力を引き出してくれます。素晴らしい!東京有数の地震危険地帯に住んでる娘さんらしく、学校での教育も完璧。家での避難場所を話したりするいい時間になりました。ただ、怪我したらどうするかなどの話も出ていたら嬉しかったかな。

2019/06/20

そうさん

4歳8ヶ月。これも防災について教えるにはいい本だった!場所ごとにどうしたらいいのかが書いてあり、わかりやすい。大人にむけての部分もあり、親子で防災について考えるにはとてもよい。ただ文字が多いので、1回目は細かい部分は飛ばしてしまった。再度ゆっくりとその部分も含めて読みたい。福田さんのイラストも可愛らしい。

2019/03/21

どあら

図書館で借りて読了。低学年に読み聞かせしました。

2018/10/16

みさどん

ハウツーものだけれど、絵本になっているので手に取りやすいと思えた。いろいろな状況や場所にいる子どもたちが、地震がきたらどうすべきか易しく解説してあるのだ。絵もかわいいし、みんな無事だし、うまく対処できるし、ホッとできる本。

2017/06/26

感想・レビューをもっと見る