読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)

コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)

コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)

作家
村山早紀
早川 司寿乃
出版社
ポプラ社
発売日
2010-01-18
ISBN
9784591114360
amazonで購入する

コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優愛

「さぁ何をお探しですか?」大事な探し物がある方はここ、コンビニたそがれ堂へご来店下さい。雪うさぎや大小異なるゆきだるま、今は亡き親友、行方不明の思い人。逢いたい、それだけを願って辿り着いた場所はあまりに平凡で、あまりに温かく、そこに在るだけで魔法の様に煌めいていて。もしも今夜奇跡の招待状がひらり、私の手元に届いたなら私は誰のために"逢いたい"を使うのだろう。好きな人、友達、家族、それともこれから出会う人。今宵、また誰かが温もり溢れる願いを携えてコンビニたそがれ堂へ行き着く事を私は想像してやまないのです。

2015/01/05

へくとぱすかる

哀しい話に変わりましたね。雪うさぎや秋姫のことを思うと、どうしようもない現実に打ちのめされそうで。でも主人公の方は、それぞれ、それなりの進歩や脱皮をして未来に少しでも進んでいく。それが救いです。「魔法の振り子」は一番切ない話。思わず泣きそうになりました。たそがれ堂のお兄さんは、きっとそんな登場人物たちを、レジから見守っているのでしょう。

2013/11/23

kishikan

前作は、児童書だったものを大人向けにした、っていうことでしたが、本作は文庫書き下ろしということなので、大人向けに書いたものかな?今回は、4つの短編・中篇、いずれも女性(女の子から、30歳ちょっと過ぎ)が主人公。全編「優しさや思いやり」に満ちた物語で、そこに別れ、死というものが織り込まれ、心に沁みる話になっています。コンビニたそがれ堂は、話の中程に隠し味のように登場するだけですが、だからこそ情景を浮き上がらせてくれます。「雪うさぎの旅」「魔法の振り子」には、このおじさんも「うるっ」ときてしまいました。

2011/09/04

SJW

悲しみや不安を抱えている4人の少女が登場して、コンビニたそがれ堂で心の隙間を埋めるという4つの短編集。今回は魔法が多く使われていて、ファンタジー色が強いストーリー。1つ目の雪うさぎの旅では、小学生のさゆきが作り、仲良くなった雪うさぎが、さゆきに会うために旅に出る。どの話も悲しいけれど心暖まり、懐かしく感じる。

2019/01/05

masa@レビューお休み中

寒くなると、ほしくなるものがある。あったかい鍋とか、ほかほかのおでんとか、そういう体を温めるものがほしくなる。じゃあ、心が寒いときは何がほしくなるのか…。『雪うさぎの旅』では、知らない街で、新しいママとの生活をはじめたばかりさゆきちゃんのお話。『人魚姫』では、ひきこもりの生活を送っている真衣といとこの秋姫のお話が描かれています。どのお話も、必ずコンビニたそがれ堂が登場します。世界中のありとあらゆるものが売られているという不思議なお店。ここには目に見えないもの、形ないものも置いてあるのかもしれないですね。

2013/11/14

感想・レビューをもっと見る