読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ずっとずっといっしょだよ (絵本の時間)

ずっとずっといっしょだよ (絵本の時間)

ずっとずっといっしょだよ (絵本の時間)

作家
宮西達也
出版社
ポプラ社
発売日
2012-06-01
ISBN
9784591129494
amazonで購入する

ジャンル

ずっとずっといっしょだよ (絵本の時間) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パフちゃん@かのん変更

赤い実が好きで弱虫のティラノザウルス。プテラノドンのプノンと友達になり、強い恐竜になるために鍛えられますが、やっぱり無理。プノンにはあきれられてしまい、自分なりに強くなろうとがんばる。そんな時、プノンが他の恐竜に殺されそうになり・・・やっぱり、結末は予想通りですが、泣けます(T_T)

2013/10/13

なると

娘が「ママこのシリーズ好きなんでしょ、泣いちゃだめだよ」って学校から借りてきてくれた本。娘は泣くまではいかなかったが目が"ふゅゅ"ってなったそう。「プノンもひとりぼっちだったんだね」と私が言うと「そう!そうなんだよ~!」と言って、それが何を意味しているかまでは理解できていない様だったが、心に響いたならそれでいい。

2015/07/06

しゅわ

ずっとひとりぼっちだった弱虫ティラノサウルスの前に、ある日、空からプテラノドンがまいおりて…ティラノサウルスシリーズ第十一弾。嫌われ者のティラノサウルスが実は弱くて…というスタートがなかなか新鮮です。大切な友達のために、自分の弱さに勝ってがんばるティラノサウルスの姿にうたれます。

2013/06/08

めしいらず@冬眠中

イメージだけで自分を語られてしまうのはなんと悲しいことか。自分の弱さを知り、対峙し、克服しようとする者の何と美しいことか。大事な言葉を取り繕ったりせず伝えるのって、何と素晴らしいことか。

2012/10/06

ハワイ猫

旦那さんが読み聞かせ。私の勝手な思い込みかもしれないけれど、宮西さんのこのシリーズはパパが読んだ方が伝わる気がする。ティラノサウルスがゴルゴサウルスに背を向けて自分に言い訳しながらとぼとぼ歩く見開き数ページがいい。そのまま背を向けていってしまうの…?しっぽがページから消えかけたとき…。最後はめでたしめでたし、なのかな?本当の強さって迷ったときほど必要になるのかもしれないね。

2015/02/23

感想・レビューをもっと見る