読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ダイナー (ポプラ文庫)のおすすめレビュー

生死は殺し屋たちの気分次第!? 映像化不可能だったヤバイ小説『ダイナー』で味わえる未体験ゾーン!

生死は殺し屋たちの気分次第!? 映像化不可能だったヤバイ小説『ダイナー』で味わえる未体験ゾーン!

『ダイナー』(平山夢明/ポプラ社)  この夏、映像化不可能といわれた問題作が映画化される。平山夢明のノワール長編『ダイナー』(ポプラ文庫)だ。なにせこの物語、「大藪春彦賞」と「日本冒険小説協会大賞」をダブル受賞した一級のエンターテインメント作品なのだが、とにかく登場するのは異様な殺し屋たちばかり、残酷でフェティッシュな殺しの場面が連続し、舞台が日本なのかも怪しくなってくるような過剰さが大きな魅力でもあるからだ。  ほんの出来心から携帯闇サイトで募集して…

もっと見る