読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

(P[お]3-3)乙女の翼 (ポプラ文庫ピュアフル (P[お]3-3))

(P[お]3-3)乙女の翼 (ポプラ文庫ピュアフル (P[お]3-3))

(P[お]3-3)乙女の翼 (ポプラ文庫ピュアフル (P[お]3-3))

作家
折原みと
出版社
ポプラ社
発売日
2013-09-05
ISBN
9784591135891
amazonで購入する

(P[お]3-3)乙女の翼 (ポプラ文庫ピュアフル (P[お]3-3)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆう

乙女シリーズ第3弾。卒業まで1年間のお話。臨時講師の登場で風子たちはどうなるのかなーと思って読んでましたが、纏まるところに纏まって。まぁ、キレイすぎるくらいかなぁとも思ったけど安心して読めました。卒業した後もまっすぐに生きてくんでしょうね。

2013/09/07

シリーズ第3弾。桜の宮女学院での最後の一年。◆シリーズ通してのことだから言うまいと思っていたけれど、さすがにこの巻はトントン拍子すぎないか? 陶芸作品が日展に入選するとか、核心を突いた視点を持ち経営センスを発揮するとか、今までそんな描写はほとんどなかったのに突然そんなことを書かれても、説得力がないし取って付けたような設定のように見えてしまう。ちょっと都合が良すぎやしないか。月単位で区切ってエピソードを語り12ヶ月を一冊にまとめるという構成上仕方のないことかもしれないが、描写不足でエピソード一つ一つが薄味。

2019/07/09

ぬー

★3.5

2018/01/13

ゆずきゃらめる*本とお花♪

完結編♪少女たちは「桜の宮情女院」最上級生に卒業になりました。 8月の朝顔の章、志野と仁絵は夏休みが「友情の絆」がとても美しいかった。 11月の杜鵑草の章はなんか紫郎がどんな病気・・。 いつも風子は三年間は学びんや秋月の父と姉やライバル、成長だけど桜の門の少女でした。

2013/09/18

nyanco

乙女シリーズ最終巻、今回は文庫版でしか出なかったんですね…涙1500円以上出して買うかって言ったら微妙なのですが、単行本版のレトロなイメージの表紙、結構気に入っていたので3冊揃わないのは残念です。さて、風子もいよいよ三年生、おてんば風子も随分と成長し、お姉さまになりました。姉が旅立った後、父の跡を継ぐのは自分の役目と…と、考えたり、秘密の花園のために後輩を探したり…と、あのお転婆さんの成長っぷりは見事。 成長といえば、恋しい紫郎さんが手術でアメリカへ…続→

2013/10/21

感想・レビューをもっと見る