読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫)

作家
七尾与史
出版社
ポプラ社
発売日
2014-06-05
ISBN
9784591140321
amazonで購入する

山手線探偵3: まわる各駅停車と消えた妖精の謎 (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

山手線世界に戻ってきた。相変わらず鉄道とはあまり関係せず。近未来SFミステリとでも言うべきか。霧村の活躍も、とうとうここまできたか、と思わせる展開。なぜシホが、という点までよく考えられていて感心してしまった。続編があれば読みたいところだが、ラストが……二度と読めないのかなあ。シホちゃんが大人になった時代の続編希望です。ところで誘拐事件の方だが……。

2017/09/30

ダイ@2019.11.2~一時休止

完結編?。シホと雨の出会いが回想され、依頼を解決していく。読み終わって表紙を見てニヤリ。

2019/06/19

この作者にしてはキャラがおとなしかった。

2017/10/09

ひめありす@灯れ松明の火

ずっと同じ場所をくるくる回っているように見える山手線、実は途中止まりの物もあるんです。人と人との関係もずっと同じ関係では居られないように。いつかは環状線を飛び降りて、自分だけの沿線に踏み出さなくちゃいけない時がくる。きえた妖精の謎というのはもしかしたら小さいおじさんの事だけではななく、雨さんとミキミキさんの二人の事も指しているのかもしれないなと思いました。今度は大人になったシホちゃんが環状線だけじゃなく、自動車でも新幹線でも飛行機でも宇宙船でも、何でも好きなものに乗って、二人に会いにいくお話があるといいな

2014/09/14

Yobata

山手線探偵霧村雨とシホの出会いは、シホが見つけた小さいおっさんを探し出すことだった。その都市伝説である小さなおっさんを巡り少女誘拐事件,さらには東京全体を巻き込むテロ事件にまで発展し…。やまたん最終巻。最終巻は都市伝説のやまたんが都市伝説の小さなおっさんに挑む。小さなおっさんを人工知能,高性能ロボットにすんのかwそんな高性能おっさんロボットキチヲがウィルスで爆弾製作,テロ行為にまで発展するという規模はデカかったけど、キチヲの後を追うだけでズバリな探偵が見れなかったのが少々残念w序盤の誘拐事件は→

2015/01/06

感想・レビューをもっと見る