読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫)

作家
三浦しをん
岡元 麻理恵
出版社
ポプラ社
発売日
2015-10-02
ISBN
9784591147085
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

お酒は大好きだけど銘柄や産地なんて覚えられない! そんな超初級者・三浦しをんがワインのスペシャリストに入門。「ワインの味が3割増しになるグラスとは?」「どんな料理とも相性バツグンの万能ワインって?」「好みのブドウの品種を見つけたら、大ハズレはない!」など、目からウロコのレッスンを通して自分好みのおいしいワインを見つけられるようになる、面白くて役に立つ一冊。巻末には著者ふたりによる対談を収録。

([み]1-2)黄金の丘で君と転げまわりたいのだ (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SJW

自分はボジョレー・ヌーボーを飲まなくなったが、今日が解禁日ということもあり、この本を選んだ。お酒が大好きな三浦さんとワインの専門家の岡元さんが贈る今までにないワイン入門書。三浦さんとポプラ社のメンバーが丁稚(ワイン初心者のセミナー参加者)となり、セミナーを三浦さんが面白おかしくまとめたもの。初心者に限らず、岡元さんの説明は中上級者も満足できる内容で、幅広い読者を対象にしている。5年間に渡る勉強会を記録しているので50本位の試飲の記録で、実際にセミナーを受けたら一人30万円くらいになりそう。こんな凄い

2017/11/16

佐島楓@勉強中

私は呑めないのだけれど、しをんさんの文章が読みたくて購入させていただいた。赤ワインと白ワインの色の違いの理由や、味わい、香り、適温、そしてワインに合う料理まで、ひととおりの基礎知識が学べる。しをんさんの文章と専門家の岡元さんの解説がぴたりとはまっている本だった。

2015/12/17

ユメ

ワインに関しては全くの素人である私。知らない世界であるがゆえに興味、憧れがある。「ワインの銘柄なんて呪文のようでさっぱり覚えられない」と公言するしをんさんが、ポプラ社の編集者の方々と「ワイン丁稚」としてソムリエ岡元麻理恵さんの講義を受ける。これなら私でも楽しめそう!と思ったのが運の尽き。毎回酩酊しながら妄想を繰り広げる丁稚一同を描いたしをんさんのエッセイと、岡元さんの解説が一冊にまとまった本書は、悪魔の囁きのようなものだ。早速「クリスマスにはちょっと良いワインを…」などと企んでしまっている私がいる。

2015/12/02

再び読書

流石のしをん節炸裂です。こんな砕けた飲みに徹したワイン講座は多分無いと思われる。岡元講師の苦労が想像できます。この本を読むと益々ワインの奥深さに気付かされると共に、絶対ワイン通にわなれないと確信します。この丁稚たちの飲みっぷりは凄いですね。最後の講座では7本を飲み切り食べ尽す、多分今の草食男子では太刀打ちできないでしょう。アルコール好きのぼくは蘊蓄ネタが豊富で楽しく読めました。改めてシャンパーニュの高価な理由がわかりました。オーガニックワインは興味がなかったが、少し見る目が変わった。ワインが飲みたくなる

2017/08/24

Kazuko Ohta

いったい誰が、ワインの入門書を読んで「電車の中で読むと危険レベル」ぐらい笑うことを予想できるでしょう。比較的明るいお酒の私がワインを飲みながら読んだから、若干笑い上戸になっていたけれど、酔っぱらっていなくともゲラゲラ笑っていたはず。ワインを学ぶのは著者を含む酒好き5名。テイスティングだというのにガバガバ飲んで毎度へべれけ。ワインそのものよりも、造り手の顔が好みかどうかで盛り上がる。それでもきちんと成長。私、たまにマグカップでワインを飲むことがありましたが、これからは必ずグラスで飲みます。酔っぱらい、万歳!

2018/07/03

感想・レビューをもっと見る