読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

(P[な]3-1)カカオ80%の夏 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[な]3-1)カカオ80%の夏 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[な]3-1)カカオ80%の夏 (ポプラ文庫ピュアフル)

作家
永井するみ
出版社
ポプラ社
発売日
2016-06-03
ISBN
9784591150535
amazonで購入する

(P[な]3-1)カカオ80%の夏 (ポプラ文庫ピュアフル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

七色一味

読破。〈ガールズ・ハードボイルド〉の傑作ということで、惹かれて購入しました。単行本のレビューなども読んでみましたが、割りと好感多し。表紙のイラストも、主人公の真っ直ぐな意思を感じさせて良いです。が、どうも読んでいてインパクトに欠ける印象。イマドキ(と言うにはちょっと古いか)娘っぽい輪郭のはっきりしない影のような感じ。作品のテイスト的に、主人公としてはもう少しキャラに個性持たせるとかしないと、埋没しちゃいそう。☆読後感は悪くないので、次巻も読んでみたい。ただ、作者さんはもうお亡くなりになられてるので…。

2016/07/23

ユメ

主人公は、カカオ80%のチョコレートとミステリが好きな高校生の三浦凪。〈ガーリッシュ・ハードボイルド・ミステリ〉という惹句が気になってこの本を手に取ったのだが、女子高生とハードボイルドという異色の組み合わせが不思議なほどしっくりきていた。それはひとつには、群れるのを嫌い、高校生にして行きつけのバーを持つような凪のキャラクターによるもので、もうひとつには、今の少女たちが生きる現実はこれぐらいハードなのだろうと思わされたことによる。孤独だった凪が、仲間と呼べる存在を見つけていくのが爽快だった。

2017/06/21

ちくわ

テンポの良い爽やかな青春かつハードボイルド小説。夏休みに書き置きを残して、いなくなった同級生を語り手の三浦凪が捜索するというような話。人と関わるのが煩わしく一人の方が気楽だと考える凪が、捜索する過程で様々な人と出合い、自分で閉ざした世界が少しずつ開いていくような気持ちのいい作品でした。ミステリと凪の成長物語が上手くマッチした作品。

2016/12/13

あやっぴ

書き置きを残していなくなったクラスメイトを必死で探し回る主人公の凪。17歳でありながらしっかりしてて、素早い行動力はカッコよかった!それにしてもクラスメイトの行動には理解できないことばかり。危険な目に遭いドキドキしながらの展開でしたが、読み終わってみると爽快な気分になりました。面白かった。

2016/10/04

るぴん

三浦凪、17才。恋に仕事に忙しい母と2人暮らし。カカオ80%のチョコレートが好物。群れたりせず、孤独でいる自分を少し気に入っている。そんな凪が夏休みに失踪したクラスメイトを探す、ガールズ・ハードボイルド。とても面白かった!今時で都会的だけど、完全には大人になりきれていない凪のキャラがいい。時に危険な目に会い、時に人に助けられ、徐々に他人との関わりを学んでいく凪。失踪した雪絵の目的もなかなかわからず、ミステリー的にも楽しめた。9月発売の続編も楽しみ♫つくづく永井するみさんの早逝が惜しまれる。

2016/08/15

感想・レビューをもっと見る