読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

淵に立つ

淵に立つ

淵に立つ

作家
深田晃司
出版社
ポプラ社
発売日
2016-09-12
ISBN
9784591151457
amazonで購入する Kindle版を購入する

淵に立つ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

むぎじる

小さな工場を経営する利雄、クリスチャンの章江、ピアノが好きな9歳になる蛍の3人家族のもとに、利雄の友人で八坂という男が、3週間という期限付きで住み込みとして働くことになった。ここから、静かな3人家族の日常が変化していく。この男の存在は、利雄と章江の心に底に隠していた事実や欲望をむき出しにしていく。何だか生々しくむごい。装丁のように歪んでぐらりとした感覚になった。読み終わった後、タイトルの秀逸さに納得する。背筋を冷たい手でなぞられたような、ひやりとした気持ちになる読後感。

2017/01/31

うえうえ

映画を観てから手に取った。映画とはラストが違います。映画で台詞ではなく表情だけで表現されていることや映画で語られていないことが小説には言葉で書かれている。文章も読みやすいし純文学だと思った。

2020/03/17

こうちゃ

☆3 カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し、世界から絶賛された映画「淵に立つ」(現在公開中)を、監督自らが小説化。一人娘がいる三人家族。 夫婦の間に会話はほとんどないが、平穏な時間が流れていた。ある日、夫の旧い知人の男が現れ、奇妙な共同生活が始まる。それが「すでに崩壊していた家族」が露になる始まりだった・・・。映画はダイジェスト版しか見ていないけれど、役者さんたちの演技がすばらしいのだと思う。結末も映画と小説では違っているようで、どちらにしても重い物を抱えたままなのは間違いないと思われる。

2016/10/16

ふっかー復活委員長

集合写真を撮る時、人はなんとなく多幸感に包まれて「今」を楽しんでいる。でも、例えば5年後に、その一枚をどんな気持ちで眺めることになるかは誰にもわからない。インスタのストーリーのように、「すぐ撮って、すぐあげて、すぐ消す」類いのものではないので、「あの人が(自分が)ここにいた」という事実が、一種の消せない印として残るのだ。▼絶望の淵に立ってみないとわからないことがある。

2018/05/28

ruki5894

すくいようのない話。暖かさとかぬくもりとかのカケラさえ見つけることが出来なかった。あまりに自分本位な大人たちばかり。

2018/06/11

感想・レビューをもっと見る