読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スノウ・ティアーズ (ポプラ文庫ピュアフル)

スノウ・ティアーズ (ポプラ文庫ピュアフル)

スノウ・ティアーズ (ポプラ文庫ピュアフル)

作家
梨屋アリエ
出版社
ポプラ社
発売日
2016-11-02
ISBN
9784591152386
amazonで購入する Kindle版を購入する

スノウ・ティアーズ (ポプラ文庫ピュアフル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ましゃ

『さびしくて切なくて涙も雪もやみそうにない』この帯の文にやられましたよ。とにかく切ない。自分の事を理解してほしいと思う一方、あなたの事理解してるよなんて態度をとられると憤ってしまう…誰にでもある事だと思う。作者があとがきでこの作品について書いている事がこの作品の全てを表している。「心がほっこりするようなだれにでも心地よい話はさらさら書くつもりはなく、一握りの読者にぐさりと突き刺されば十分だと考えていた。だって、生きるのって、つらいでしょう?だれかや恋を求めてしまうことって、苦しいでしょう?」

2017/08/12

はな

梨屋さんの本はココロ屋に続いて2冊目。不思議体質の少女君枝。雲のようなふわふわとした心もとない感じが何とも言えない感じ。君枝に感情移入しているのかな?何とも言えない不安な気持ちにさせられました。実の親ともうまくいっていない友達もうまくできない、世界とうまくつながれない中での幼馴染の陸の存在が唯一の救い。もろく崩れそうな世界の中で君枝はどう生きていくのだろうか、君枝のこの先が気になる話だった。

2017/02/07

おさと

哀しくて厳しい。自分の一部のようだ。

2017/08/07

縁栞

★3.5 ≪ あの頃の二人は、お互いの大切さに気づくことができなくて―― ≫  ……残念だ。高校時代までは『とても』私好みの物語であったものの、主人公が大人になってからは面白みも半減。 星4.5にだって届きそうだったのにー!! どうやら作者は私の好みというものを、あまり正確に把握できてはいなかったようだな(当たり前) とはいえ、ラストはなかなかいい具合に仕上がっていました。 大事なことに気づいた姿と植物父さんの言葉が胸に沁みます…。 うん、この最終章の内容は合格点w

葉月文

これは、この物語を必要としている誰かの物語だ。運命とか、宿命とか、そういう大きなうねりに巻き込まれ、どうにかしたいのにどうにもできなくて、何もかもがうまくいかなくて。それでも続いていく人生に、歯を食いしばって立ち向かっていかなくてはいけない。綺麗な話ではない。悲しみがあって、孤独があって、怒りがあって、絶望があった。すれ違いと、タイミングすら失った。たった一つの希望すら、彼女の手の中で溶けていった。それでも広く深い悲しみの海を漂う彼女は再び泳いでいく。ここは道半ば。いつかきっとどこかへたどり着けるだろう。

2017/10/15

感想・レビューをもっと見る