読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あるかしら書店

あるかしら書店

あるかしら書店

作家
ヨシタケシンスケ
出版社
ポプラ社
発売日
2017-06-06
ISBN
9784591154441
amazonで購入する Kindle版を購入する

「あるかしら書店」のおすすめレビュー

ヨシタケシンスケの最新絵本!今度の絵本は、こねて、のばして……?

『こねてのばして』(ヨシタケシンスケ/ブロンズ新社)

 毎度毎度、予想の斜め上の発想力で見る者を虜にする、絵本作家・ヨシタケシンスケ。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)から始まり、最近では『ヨチヨチ父』(赤ちゃんとママ社)や『あるかしら書店』(ポプラ社)など、ジャンルを超えて人気を伸ばしている。また、独特のタッチとセンスで描かれるイラストも人気が高く、グッズも多数発売されている。  先日10月19日、そんなヨシタケシンスケの最新刊『こねてのばして』(ヨシタケシンスケ/ブロンズ新社)が刊行された。本書は、1人の男の子が、何やら白い生地のようなものをタイトル通りこねたりのばしたりする絵本。出てくるのは男の子と白い生地のみ――なのだが、それだけでは終わらないのがヨシタケシンスケ。男の子の行動がどんどんエスカレートしていく。「パン生地か何かかな」と思ったのも束の間、顔を押し付けたり、一緒に踊ったり、くるまったり……「あれ、これ何なんだろう? パン生地じゃなかったの?」と、だんだんこの白い生地の正体が気になってくる。そして…

2017/11/10

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「あるかしら書店」の関連記事

今年も「あるかしら文庫フェア」がやってきた! 絵本から飛び出し応援大使に就任した“あるかしらおじさん”も注目の、厳選16冊

「こんな本あったらいいな」の妄想がつまったヨシタケシンスケさんの絵本『あるかしら書店』(ポプラ社)。30万部突破の同作とコラボして始まった「あるかしら文庫フェア」も今年で3年目!

『あるかしら書店』(ポプラ社) このフェアの特徴はなんといっても、あらすじが伏せられていること。ヨシタケシンスケさん描きおろしの特製カバーに書かれているのは、タイトルと著者名、それから、「少しずつ読めてそのつど前向きになれる。そんな本、あるかしら?」「読みやすくて読後感もやさしい、あまり本を読まない私にもおススメの本、あるかしら?」という文章だけだ。

 例年どおり、1冊お買い上げごとに、ヨシタケさん描き下ろしのしおりが1枚プレゼントされるほか、カバーには絵本から飛び出して応援大使に就任した“あるかしらおじさん”のイラストが描かれているのも注目。

リアル書店限定!

 新しく8作品がくわわって、展開される作品は全16冊。たとえば、「しっかりしたテーマで深く心に残る本、あるかしら?」と書かれているのは、ドリアン助川さんの『あん』。故・樹木希林さんが出演した映画が話題を呼んだ同作は、…

2020/5/30

全文を読む

全国の小学生が選んだ “1番好きな本”は? 第2回「こどもの本総選挙」ベスト10結果発表

イラスト:ヨシタケシンスケ デザイン:寄藤文平

 第2回「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」(以下、「こどもの本総選挙」)ベスト10結果発表会が、2020年5月5日(火・祝)に、動画配信にて実施された。子どもたちに面白い本と出会える機会を作り、本をもっと身近に感じてもらいたいという思いから始動した「こどもの本総選挙」。 今回の応募総数は25万3399票となり、投票者の中から選ばれた「こどもプレゼンター」10名が、投票した本と選んだ理由をコメント。作者からの感想コメントも発表された。

小学生の「1番好きな本」ベスト10に選ばれたのは以下の10冊だ。

『小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙』 ベスト10

第1位『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(今泉忠明:監修 2016年 高橋書店) 『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(今泉忠明:監修/高橋書店)

「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典」は、生き物の「ざんねん」な一面に光をあてた、はじめての本。「紫外線をあびると光る」サソリや、「敵におそわれると死んだふり…

2020/5/9

全文を読む

関連記事をもっと見る

あるかしら書店 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

凄く感心してしまいました。発想力が凄い。本好き・本屋好きの人にはとっても楽しめるのではないかと思います。こんな本があれば。本もこんな使い方があれば。本好きにもこんな違いがある、どんな本も作った人がいて、あわよくばネベストセラーになれば・・・と思っている、等、読書好きとしては全てのジャンルで微笑ましく哲学的なところもあって楽しかったです。

2017/07/09

ウッディ

「こんな本があるかしら?」と尋ねると、どんな本でも揃っている「あるかしら書店」。この絵本の中には、本好き達の夢が詰まっています。読書する時至れり尽くせりの世話を焼いてくれる「読書サポートロボ」、恥ずかしいタイトルの本があっても、意味が変わらないように変換してくれる「カバー変換器」など、本を読まない人には無用の長物というハイテク装置も欲しいし、自分は遠慮するけど、友達の「書店婚」には出てみたい。そんな「あるかしら書店」にもない本があるというオチも面白かった。どんな本かは、読んでみてのお楽しみです。

2018/09/12

starbro

ヨシタケシンスケは、新作中心に読んでいる絵本作家です。今回は完全大人向き作品です。本、書店好きのマニアックな人をターゲットとした内容なので、個人的には嫌いではないですが、一般受けはしないのではないでしょうか?セールス的にも、ヨシタケシンスケ作品としてはワーストになると思います。それにしても本作がポプラ社70周年記念作品で良いのでしょうか(笑)水中図書館には行ってみたいですが・・・

2017/06/14

zero1

ヨシタケ流の妄想爆発!本に対する想いは出版不況でも衰えない。【こんな本があれば】という依頼を解決する書店。作家の本、溶け出す絵本、二人で一緒に読む上下分冊、月光本、お墓の中の本棚など。【カリスマ書店員養成所の1日】は面白い。図書館員養成所もある?本が四角なのは深い(?)理由があった!書店婚は実際にありそう。水中図書館は名作「つみきのいえ」を思い出した。何でも願いをかなえる書店だが、無理なこともある。それは何?人は何故、本を読むのか?根源的な答えはこうした作品にヒントがあるかも。本好きのあなたに強く推薦!

2019/10/26

射手座の天使あきちゃん

読友さんんから「読書家なら是非」とお勧め頂いた一冊 なるほど、本好きにとってはまさに夢のような本屋さんがそこにありました 「こんな感じの本あるかしら?」と聞けば必ずリクエストに見合った本を探し出してくれる魔法のお店 しかも丸顔の店長はオネエ口調(笑) 私が一番好きなのは「水中図書館」行ってみたい♡ 「本とのお別れ請負人」は怪しい着物の買い取り業者みたい <(^_^; あっ、一冊だけ無い本があった「必ず大ヒットする本のつくりかた」ですって(笑)

2021/04/21

感想・レビューをもっと見る