読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ずっと名古屋 (ポプラ文庫)

ずっと名古屋 (ポプラ文庫)

ずっと名古屋 (ポプラ文庫)

作家
吉川トリコ
出版社
ポプラ社
発売日
2017-08-04
ISBN
9784591155684
amazonで購入する Kindle版を購入する

ずっと名古屋 (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mr.lupin

名古屋市の十六区の話と名古屋近辺の都市?の短編物語。もっと区毎に特色のある話を期待していたが正直名古屋らしさを感じとる事がほとんどできなかった気がした。名古屋、とても良いところなのにな~ その魅力をもっと伝えられると良かったのに。☆☆★★★

2019/07/06

さおり

名古屋の16の区を舞台にした16このお話と、近隣の県が舞台のお話8つ。それぞれのお話は短く、ところどころ繋がっていたりいなかったり。友だちと飲んだくれたり、好きな人とふわふわ浮かんでるみたいにお散歩したり、付き合ってた人のチャリの後ろにのせてもらったり、そういうあの頃の日々の断片が浮かんでは消えて、懐かし楽しい時間でした、読んでる間。福井、三重、浜松と、私が住んだことのある土地は全て舞台になってましたが、中でも鹿島橋が圧倒的に懐かしかった。同い年の吉川トリコさん。幼い頃どこかですれ違ってたかもしれません。

2018/02/24

オスカー

名古屋16話に名古屋以外の8ヵ所(愛知に隣接している場所?)の旅、書き下ろしの「ずっと名古屋」・・・自分の思っている名古屋のイメージってナナちゃん人形とコメダだったので、当たり前にそれ以外があることを実感(; ̄ー ̄A ただやはり土地勘がないし、店の名前とか知らないし、多分こちら○○みたいな店なんだろうな~と想像する感じ。名古屋っぽさを楽しみたい、いかにも名古屋のイメージを楽しみたいと思うならちょっと物足りないかも。1話が短いのですき間時間に読むにはオススメかな。第十一話の書店の話が好き。

2017/08/14

ジロリン

タイトルは「ずっと」だが、作者は名古屋生まれでもないし、ものごころついてから住み続けてる訳でもないそうな。だからかなぁ…名古屋を舞台にしていても”名古屋バナシ”になってない。逆に妙な距離感さえ感じる。”たまたま”名古屋に住んでいる(オンナのコを中心とした)人々の物語ですね。やはり生まれた時からフツーにきし麺と味噌カツを食べ、「ソウルフードは寿がきや!」と断言できる人とは感覚が違うようだw 少なくとも親の代からそこで生活してないと”地元感”って沁み着かないのかな。

2017/08/22

ちょん

「喫茶ユトリロ」みたいなのを想像してたので最後まで「なんか違うなぁ」という気持ちが残ってしまいました! 作中ずっと名古屋弁やら三河弁やら方言が飛び交ってて、普段からつかってる私が読んでても「汚いなぁ…」って思える名古屋弁たち(笑) 他の人が聞いたら自分のしゃべり方って、こんな風に感じるんだなぁと、変なところで染々(笑)

2017/10/13

感想・レビューをもっと見る