読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

秘密基地のつくりかた教えます (ノベルズ・エクスプレス)

秘密基地のつくりかた教えます (ノベルズ・エクスプレス)

秘密基地のつくりかた教えます (ノベルズ・エクスプレス)

作家
那須正幹
黒須 高嶺
出版社
ポプラ社
発売日
2018-08-02
ISBN
9784591159538
amazonで購入する

秘密基地のつくりかた教えます (ノベルズ・エクスプレス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はじめさん

ズッコケ三人組シリーズで知られる児童文学界の重鎮・那須先生の作品。子猫を拾った同級生と、資材置き場のパイプ管に秘密基地を作った児童。子猫はいなくなり、工事で城たるパイプ管も撤去された。ったく、お前はらしゃーねーなー、と来年から中学にあがる兄貴の助けもあり、山の中に骨組みから施工した本格的な秘密基地作成→一泊キャンプ計画。もうガキっぽいことはできないと兄貴から伝えられるカブトムシ捕獲スポットetc…。/ 私も橋の下とか秘密基地覚えある。ビー玉とか置いたりね。穴倉に光り物…鏡をありがたがる縄文人じゃねーか!

2018/10/03

杏子

夏休みに秘密基地を作って、友達同士で泊まる!男の子の夢だろうな。竹を切って小屋の骨組みを作り、屋根も竹の葉っぱで組んで!よくぞそこまでできる!保の兄ちゃんは6年生だったけれど、すごいわ。野外炊飯で竹筒でご飯炊いて、ってのも⁉ 今の小学生にできるのかなぁ?恐らく作者の那須さんのご経験からでしょうが。カブトやクワガタも取り放題の自然いっぱいの山も魅力的です。作品の舞台になった天神町も実際の町とどう共通点があるのか?地図を眺めて想像してしまいました。最後に宿題する場面が出てくるのも小学生らしくてよいですね。

2018/08/27

のり

ネコを秘密で飼うことで仲良くなった保と省吾。小学校時代のひとときが、こんなにワクワクする出来事があったら楽しいだろうなーと思った。

2018/12/26

kyonkyon

夏休み前に読んでおきたかった。これは男子にはたまらないかも。コンクリートパイプの中で泊まったり、早朝からカブトムシ採りに行ったり、最後には自分たちで秘密基地作ってキャンプとか、ワクワクしないわけがない。

2018/09/09

いろは

【市立図書館】夏休みっぽいのが読みたいなと思ったらどうぞ。最初からグイッと引き込まれて楽しめる。野良猫をきっかけに仲良くなるふたりの少年とお兄ちゃんが秘密基地を作り上げていくワクワク感。真夜中に見上げた満天の星。「カブトムシは今年でもう卒業だ」と言った6年生のお兄ちゃんがかっこよくて少しせつない。過ぎていく夏は忘れられない少年の日の思い出になるんだろうな。

2018/09/01

感想・レビューをもっと見る