読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さるかにがっせん (はじめての世界名作えほん)

さるかにがっせん (はじめての世界名作えほん)

さるかにがっせん (はじめての世界名作えほん)

作家
門野 真理子
中脇初枝
生野裕子
出版社
ポプラ社
発売日
2018-10-04
ISBN
9784591159590
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

さるかにがっせん (はじめての世界名作えほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はるごん

3歳11ヶ月。こちらは昆布ではなく牛の糞でした。牛の糞が出てきたら「くさいねー」って言いながら大笑い。

2021/03/30

しろくま

5歳娘と。「さるがかわいそうだね。」と言っていました。自分が知っている話とはちょっと違う気がしたので、色々読み比べてみたい。

2021/03/08

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《本屋》蟹が大怪我したけど、死んでないのが、よかった。

2018/10/21

感想・レビューをもっと見る