読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)

作家
ほしおさなえ
出版社
ポプラ社
発売日
2018-08-03
ISBN
9784591159996
amazonで購入する

「活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)」の関連記事

16万部突破の大人気シリーズ『活版印刷三日月堂』が完結! 店主・弓子の、そして三日月堂の未来は…?

『活版印刷三日月堂』

 舞台は小江戸の佇まいを残す街・川越、モチーフとなっているのは、実体ある活字ならではの、温かな手触りが立ちのぼる活版印刷。そうしたノスタルジックな要素に惹かれ、「活版印刷三日月堂」シリーズ(ほしおさなえ/ポプラ社)を手にした人も多かったことだろう。だが、ひとたびページを開くと、心に満ちてくるのは、そのなかを生きる人々から伝わりくる、真摯に現実に向き合うことの清々しさだ。

 祖父母の代で閉じた活版印刷所三日月堂を受け継いだ主人公・月野弓子は、手を動かしながら、心の内で問い続ける。商業的には顧みられなくなった活版印刷で、自分は何をしたいのか、何ができるのか――けっして夢物語ではない地に足の着いたストーリーは、これまで刊行されてきた3巻で、それぞれ活版印刷の現代、過去、未来を投影しながら、三日月堂の歩みを刻んできた。そしてついに弓子が自身の未来に向けて答えを出す完結編、4巻が刊行された。

「実現可能ということで考えれば、今までのように葉書やコースターなど、小さなものを作っていればいいのかもしれない。けれど、できるかどうかは別として、“…

2018/8/31

全文を読む

関連記事をもっと見る

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

流れ星は栞となって降ってきて、海から瓶にはいった手紙が流れてくる。庭では花のアルバムができあがり、栞、手紙、アルバムが仲良く手をつないで雲に昇って、ひとつの日記帳になりました。その日記帳は、自分の故郷、月へと帰って行き、やがて、日記帳は三日月となって、光を照らして人を優しく見守り続けてくれたとさ。いつまでも余韻が残り、心をふんわり温かく包みこんでくれた素敵なシリーズに巡りあえたことに感謝したいです。

2018/08/27

へくとぱすかる

4冊目の完結編。物語世界では、このあとも人生模様がつむぎ出されるのでしょう。でも読者が読めるのはここまで。名残り惜しい。16編の連作小説を、一気に読み切ったという充実感と、一抹の淋しさがあります。著者は詩人ということで、澄み切った美しい文章が、とても印象的でした。活版印刷が工芸品なのか実用品なのか、結論は私たちが探っていくことになるのでしょうか。

2018/08/25

しんたろー

完結の第4巻は今までと同じ「お客さんリレー」方式の連作短編。主人公・弓子を中心にした人の繋がりが素敵な物語で、世俗にまみれた私でも心が洗われるようだった。全話に共通して優しい思いやりに溢れたシリーズで、最終巻らしい、それまでの人々が登場する綺麗なまとめ方も納得。特に『雲の日記帳』~『三日月堂の夢』の流れは胸が震えたし「人の思い、記憶、夢だけはその人とともに消える……だから、大事にしなくちゃいけない」という台詞は心の残った。愛着あるので『みをつくし料理帖』みたいに数年後の彼女らを描いた特別編を熱望したい!

2018/09/11

三代目 びあだいまおう

とても静かで、まるで凪のような興奮を表す言葉が欲しい。素敵という言葉の最上級にふさわしい言葉が欲しい。言葉が、まるで大自然を雄大に創り上げるように、ただ一片のムダさえなく私たちの心に感動を運んでくれる。風のように、雲のように。このシリーズが好きすぎて、これまでの4冊が私にくれた感動を、大切な誰かに贈りたくてたまらない。できれば、読書が好きで、でもこのシリーズにはまだ触れた事がないような方。あえて私の知人ではなく、許されるのならば顔も名前も存じ上げないがいつも仲良くして下さる読友様のどなたかお一方に‼️🙇

2020/05/26

ゴルフ72

感想をどう書こうかと思う間も、この作品のすべてがよみがえる。星を繋ぐ線・街の木の地図・雲の日記そして三日月堂の夢読み進むうちにじんわりと心に染み込んでくる。完結?この後の展開、例えば3年後あたりを見てみたい。良い作品に出会え嬉しかった。

2018/09/08

感想・レビューをもっと見る