読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫は笑ってくれない

猫は笑ってくれない

猫は笑ってくれない

作家
向井康介
出版社
ポプラ社
発売日
2018-09-07
ISBN
9784591160046
amazonで購入する Kindle版を購入する

「猫は笑ってくれない」のおすすめレビュー

「今月のプラチナ本」は、向井康介『猫は笑ってくれない』

『猫は笑ってくれない』

●あらすじ● 脚本家の早川と、映画監督の漣子。元恋人同士である二人は、一緒に育てた愛猫・ソンの寿命が近づいていることをきっかけに、5年ぶりに連絡を取り合う。早川は、漣子とその結婚相手が仕事で家を空ける間、自分がソンの看病をすることを申し出る。こうして元恋人の家に通い詰めるようになった早川だが――。愛と喪失について描かれた、著者初の長編小説。 むかい・こうすけ●脚本家。1977年、徳島県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。脚本を手掛けた映画作品に『ふがいない僕は空を見た』『もらとりあむタマ子』『陽だまりの彼女』『聖の青春』など。2017年、文芸・その他部門にて咲くやこの花賞受賞。本作が初の長編小説執筆となる。

向井康介ポプラ社 1500円(税別) 写真=首藤幹夫

編集部寸評  

すべてはいつも、終わってから気づく 生きているものが、死んでいく。愛し合った者が、別れていく。本書は2種類の「終わり」を描いた小説だ。どちらの「終わり」も、事故のように突然訪れることがある。だがたいていの場合は、ゆっくりと、じわじわと、終わっ…

2018/11/6

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「猫は笑ってくれない」の関連記事

年を重ねても決断せずに生きることを許される。脚本家・向井康介が描く「東京の恋愛」

『リンダリンダリンダ』『もらとりあむタマ子』といった山下敦弘監督とコンビを組んだ作品で知られ、映画『聖の青春』『ピース オブ ケイク』などの脚本も手がけてきた向井康介。彼が初となる長編小説『猫は笑ってくれない』(ポプラ社)を発表した。インタビューの後編では、「どれも自分の作品と感じにくい」映画の脚本家の立場の難しさや、ずるすると生きることが許される「東京の恋愛」について聞いた。 前編はこちら 『猫は笑ってくれない』(向井康介/ポプラ社)の主人公は脚本家の早川。彼は映画監督の漣子と付き合っていたが2人は破局。一緒に暮らした愛猫のソンは漣子が引き取り、漣子は宮田という新聞記者と結婚した。

 しかしソンは病気で先が長くない状態に。「一応は二人で育てたのだし」と漣子の家に呼ばれた早川。3人で鍋をつつく中で、漣子と宮田は昼間はソンを見られない……という話になったとき、早川が「俺が見るよ」と提案。結婚した元恋人の家に通うことになるのが物語のはじまりだ。

■「三幕構成」「主人公の変化、変身」脚本書きの鉄則が小説に登場した理由

――この小説には「主人公は何かしら変化…

2018/9/24

全文を読む

「この本は俺の長い長い言い訳なんです」『聖の青春』『ハード・コア』などを手掛ける脚本家・向井康介が初の長編小説を発表!

『リンダリンダリンダ』『もらとりあむタマ子』といった山下敦弘監督とコンビを組んだ作品で知られ、映画『聖の青春』『ピース オブ ケイク』などの脚本も手がけてきた向井康介。彼が初となる長編小説『猫は笑ってくれない』(ポプラ社)を発表した。インタビューの前編では、「俺の長い長い言い訳なんです」という小説の成立背景と、本人の憧れも入り交じる本書のキーワード「東京の暮らし」について聞いた。

『猫は笑ってくれない』の主人公は脚本家の早川。彼は映画監督の漣子と付き合っていたが、2人は破局。一緒に暮らした愛猫のソンは漣子が引き取り、漣子は宮田という新聞記者と結婚した。

 しかしソンは病気で先が長くない状態に。「一応は二人で育てたのだし」と漣子の家に呼ばれた早川。3人で鍋をつつく中で、漣子と宮田は昼間はソンを見られない……という話になったとき、早川が「俺が見るよ」と提案。結婚した元恋人の家に通うことになるのが物語のはじまりだ。

■「猫について書く」と決めて思い出したのは、エドワード・ヤン監督の『ヤンヤン夏の思い出』

――映画やドラマの脚本となると、原作があるものや、大…

2018/9/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

猫は笑ってくれない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

共に育てた猫がもう危ないと聞き、元恋人の家へ看病に通う脚本家。それは5年前に終わってしまった彼女との時間をなぞり、失ったものに改めて向き合う時間となった。刹那にしか生きられず、安定というクビキから逃げる男。こういう話は嫌いじゃないけど、ちょっと昔の匂いがする。自伝的小説なのかな?YA向きセットに入っていることにも違和感がある。わかっていたけど、猫との別れには涙涙だった。

2019/11/05

優希

元恋人が飼っていた猫の死期が近づき、看病することになります。ペットの死に関する物語は辛いものがあります。何年経っても自分の愛犬が死んだときのことを思い出すからです。

2020/08/07

aloha0307

元恋人の二人 脚本家:早川 と 映画監督:蓮子 共に育てた愛猫:ソラが もう長くない...5年ぶりに会いました 蓮子の新しい恋人:宮田さん を交えた”喪失”の物語。”終わり”について、堂々巡り 考え込みました...終わってから気づくこと 多いな... ラストシーンにグッときました。それでも人生は続いてゆく...

2019/04/14

ぼっちゃん

【ダ・ヴィンチのプラチナ本】主人公の男性が元恋人と二人で一緒に育てた愛猫を看取るため、元恋人の夫の居る家に通うようになり、三人それぞれが自分を見つめ直す物語。前に進むためには、ちゃんと別れないといけないのだと感じた。

2018/11/06

kumako

夫婦になり、安定して刺激が無くなることを善きと見るかつまらないと見るか…。つまらないと見て別れてまた出会って結婚しても行き着く所は安定なのではないでしょうか。最後に堀江が言う通り「何も考えないのが一番」だと思う。安定の何が悪い?と早川に言いたい。でも考え方は人それぞれだから早川はこれからも自由でいて欲しい、淋しくても。

2019/11/24

感想・レビューをもっと見る