読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花咲小路三丁目北角のすばるちゃん

花咲小路三丁目北角のすばるちゃん

花咲小路三丁目北角のすばるちゃん

作家
小路幸也
出版社
ポプラ社
発売日
2018-09-14
ISBN
9784591160206
amazonで購入する

花咲小路三丁目北角のすばるちゃん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

東京バンドワゴンシリーズ以外の小路 幸也作品を読むのは初めてです。本作は、スピリチュアル商店街人情ミステリ連作短編集でした。登場人物が地味キャラばかりなので、東京バンドワゴンシリーズと比べると、かなりインパクトに欠けます。シトロエンのHYは好きです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BBH%E3%83%90%E3%83%B3

2018/10/30

いつでも母さん

花咲小路三丁目の北角ですってよ~!すばるちゃん、現役シトロエンの住人で駐車場のオーナー!その高校卒業から始まる今作。12の話が心地良い。亡くなったお父さんとの会話がなんともいいのだ。シトロエンに魂がある父との親子旅なんか最高ですね。戻るべき場所もあって、花咲小路の皆は本日も元気なり!小路さんの作品は優しい。ゆっくりその後の皆の近況を待ちたいと思う。

2018/10/20

モルク

花咲小路シリーズ第5弾は商店街にある駐車場を経営するすばるちゃんが主人公。亡くなった父の魂が愛車シトロエンに宿りスピーカーを通して会話できるというシリーズ初のファンタジーもの。スピーカーから流れる父の声とともに様々に起こる事件や謎を解決していく。以前の作品に出てきた人も次々と登場し忘れていた部分を思い出させてくれる。街の人たちが皆すばる君を見守りあたたかい気持ちになる一冊。私まで街の一員になっていた。

2019/07/11

みかん🍊

花咲商店街シリーズ、すばるちゃんというから小さい女の子かと思ったら高校卒業したばかりの男子、進学せず祖父が残してくれた商店街北角の駐車場の経営者として働く、受付替わりに置いてある真っ赤なシトロエンで寝泊まりしているが実は亡き父親の魂が宿ってる車、駐車場に出入りする人々に纏わるミステリーを父親や商店街の周りの人々に助けられながら解決し成長していくすばるちゃん、駐車場経営者とはいえ高校卒業したばかりの若者が老後のお仕事のような暮らしぶりでいいのか、と少し心配になる。

2018/11/21

紫 綺

花咲小路商店街シリーズ第5弾。ユニークな人々が暮らす花咲小路商店街、その裏にある若社長すばるちゃんが営む駐車場が舞台。看板代わりの真っ赤なシトロエンは本来の車機能の他、事務所兼住居で面白い。いろんな車がいろんな厄介事を乗せてやって来る。これはもうファンタジー♪

2019/01/09

感想・レビューをもっと見る