読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

はつ恋

はつ恋

はつ恋

作家
村山由佳
出版社
ポプラ社
発売日
2018-11-09
ISBN
9784591160572
amazonで購入する

「はつ恋」の関連記事

村山由佳「25年やってきた今だから書けた」―― “黒村山”も封印した、恋愛文学の至芸『はつ恋』

 村山由佳さんの新刊『はつ恋』(ポプラ社)は、千葉県南房総の海のそばの日本家屋で愛猫と暮らす小説家のハナと、大阪を仕事の基盤とする大工の一人親方・トキヲの物語。

 幼なじみのふたりは、40代で再会して恋人になった。ハナにとって、トキヲは何もかも安心して預けられる初めての相手。トキヲにとってハナは、幼い頃から憧れていた“初恋のハナ姉ちゃん”。アラフィフのふたりの何でもない日常には愛が満ち溢れ、読み終わると、人生にこんな時間が待っているなら、歳を重ねるのも悪くない、としあわせな気持ちになる。

 作家デビュー25周年記念作品でもある本作について、村山さんにお話を伺いました。

■「パートナーとのしあわせな日常を小説に」とのぞまれて

――この作品が生まれたきっかけから教えてください。

村山由佳さん(以下、村山) 企画の段階で編集者から、私と今のパートナーのしあわせな感じを小説で書いてほしい、と言われたんです。特別なことは起きないけれど、愛おしい日常をと。難しい注文でした(笑)。殺人事件も起きないし、途中でトキヲがモラハラ夫になるわけでもない(笑)。ただふたりの日…

2018/12/9

全文を読む

関連記事をもっと見る

はつ恋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

村山 由佳は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、初恋?歳時記私小説でした。著者の年齢で、この内容は気恥ずかしい気もしますが・・・「はつ恋」と「初恋」の使い分けに何か意味があるのでしょうか?

2018/12/20

おしゃべりメガネ

大人でありながら、まるで子供のように二人の時間を慈しむ幼馴染みのお話です。お互いに二度の離婚を経験し、幼馴染みだった二人は年月を経て恋人に。『古くて新しい恋人』という表現はさすが村山さんだなぁと思います。色んな'経験'があったからこそ、生み出せるお互いの距離感は本当にステキに感じます。年を重ねても、いつでもステキな恋愛ができるってとても素晴らしいコトかもしれませんね。年を重ねたからこそ相手を思いやる優しさが自然とわき出てくるのかもしれません。本作の二人のように、自然体で相手を思いやれるようになりたいです。

2018/12/03

ひなげしの花🌷

南房総の古い家で花に囲まれ猫のユズと暮らすハナ。 昼は庭の花に触れ、夜は執筆。二度の離婚を経たハナ。時々訪ねてくる幼馴染の男性との逢瀬。そして、年老いて行く親の介護。卯月皐月、水無月、、、季節の変化を五感で感じながら暮らしている。『猫がいなけりゃ息もできない』の中で語られていた村山さんの私生活と相重なる内容でこれは自身の事を書いていると思った。人生経験を積んで物の見方も変わり、さらけ出す事もできる。円熟した女性。そして、乙女の恋多き村山さんらしい生活と人生観を観ているようだった。

2019/01/28

タックン

いろいろな人生を歩んだ後の、幼馴染との大人の恋の物語。 千葉の房総での穏やかな生活がいいな。

2018/12/17

ゆみねこ

南房総の古い民家で暮らす作家のハナと、40年ぶりの再会で恋人になった幼なじみで大工のトキヲ。大人の恋の物語でした。

2018/12/06

感想・レビューをもっと見る