読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

([し]4-9)花咲小路三丁目のナイト (ポプラ文庫)

([し]4-9)花咲小路三丁目のナイト (ポプラ文庫)

([し]4-9)花咲小路三丁目のナイト (ポプラ文庫)

作家
小路幸也
出版社
ポプラ社
発売日
2018-12-01
ISBN
9784591161241
amazonで購入する

([し]4-9)花咲小路三丁目のナイト (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はつばあば

花咲小路の一丁目・四丁目に続いて三丁目を。とは言っても今は2019年、一丁目と四丁目は2015年の10月に読了。みんな大きくなったし私も年老いた。若い頃の3年なんて直ぐにでも取り戻せるものだが・・もう無理。それでも若い頃に視た映画の題名に懐かしさが溢れた。近々二丁目の花之子さんが手元に来る予定。今はもう閑古鳥が鳴く古き良き時代の商店街・・復活させる手はないものかと考えながら花咲小路を再読しよう

2019/01/09

enana

花咲小路シリーズ第四弾。 悩めるその人のためだけに。高潔な意志を持った、誰かのために戦う騎士(ナイト)

2018/12/31

ユメ

巻を追うごとに花咲小路に温かな居場所が増えていくような感覚で、この商店街を訪れるのがどんどん楽しみになる。今回新たに加わった居場所は、三丁目の〈喫茶ナイト〉。何といっても、悩める客の〈夜の相談〉に乗ってくれる仁太さんが魅力的なのだ。魔法のように人の心を動かして、皆を幸せに導いてくれる。こずえちゃんのこと、淳ちゃん刑事とミケさんのことをまるっと解決した大団円ににっこり。仁太さんが愛してやまない、古きよき映画のようだ。人間模様こそがストーリー。ここは、花咲小路における〈東京バンドワゴン〉のような存在だ。

2019/02/14

Kana

花咲小路商店街のシリーズ4作目。相変わらずの面白さ。3作目までの登場人物たちも出てきてその後がわかるのもいい。今回も収まるべきところに収まって良かった。仁太さんと望たちのことは次でわかるのかな。早く続きが読みたい。

2019/02/09

はるき

久々、小路さん。このシリーズのゆったりマッタリ感大好きですわ。何丁目まで続いてくれるのかなぁ。

2018/12/13

感想・レビューをもっと見る