読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

(P[む]1-18)コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[む]1-18)コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 (ポプラ文庫ピュアフル)

(P[む]1-18)コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 (ポプラ文庫ピュアフル)

作家
村山早紀
出版社
ポプラ社
発売日
2019-02-01
ISBN
9784591162354
amazonで購入する

「(P[む]1-18)コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 (ポプラ文庫ピュアフル)」の関連記事

累計40万部突破の大人気シリーズ『コンビニたそがれ堂 猫たちの星座』最新刊は“猫特集”! 猫との別れ、そして出会い―― 村山早紀インタビュー(後編)

 やさしい狐の神様と化け猫の看板娘が働く、「たそがれ堂」は、本当にほしいものがある人だけが辿りつける、この世で売っているすべてのもの、そしてこの世には売っていないはずのものまで何でも揃っている不思議なお店。そこでは大切な探しものが必ず見つかる――。 「コンビニたそがれ堂」シリーズは村山早紀さんが10年以上書き続けている、息の長いシリーズ。「一番、自然に、普通に書ける話ですね」と語るところには、ある秘密も――。

 最新刊『コンビニたそがれ堂 猫たちの星座』では各話に猫が登場。長きにわたって、猫ともに暮らしている村山さんは、その愛しき存在をどのように物語へと昇華させていくのか。“猫と物語の関係”についてもお話を伺った。

【前編】はこちら

■どこかファンタジックで時間軸の違う、猫という存在から受け取る感覚

――周太郎さんはノラさん、ユリエさんはおはぎさん。主人公たちはともに猫と暮らしています。ユリエさんの言葉に、拾ったときは子猫だったのに、あっという間に大きくなって、先に年をとってしまう、と。“猫と人との時間”についての想いが印象的でした。

 猫って、どんどん…

2019/3/3

全文を読む

累計40万部突破の大人気シリーズ『コンビニたそがれ堂 猫たちの星座』最新刊は“猫特集”! 猫との別れ、そして出会い―― 村山早紀インタビュー(前編)

「風早駅前商店街の 駅前商店街のはずれに 夕暮れどきに行くと 古い路地の 赤い鳥居が並んでいるあたりで 不思議なコンビニを見つけることがあるといいます」

 この一文から温かく、ほんのり切ない物語の扉はいつも開く。やさしい狐の神様と化け猫の看板娘が働く、「たそがれ堂」は、本当にほしいものがある人だけが辿りつける、この世で売っているすべてのもの、そしてこの世には売っていないはずのものまで何でも揃っている不思議なお店。そこでは大切な探しものが必ず見つかる――。

 シリーズ累計40万部突破の大人気シリーズ最新刊『コンビニたそがれ堂 猫たちの星座』(ポプラ社)は刊行するなり今、読者の間に感動の輪を広げ続けている。第8弾である本作は、各話に猫が登場する“猫特集”。大の猫好きで知られる著者・村山早紀さんの真骨頂とも言える連作集となった。けれど、その誕生のきっかけには、20年近く共に暮らした猫との別れがあったという。

「なかなか大変な日々でした」と、穏やかに語る村山さんが、その日々のなかで繰り返していたのは、あとがきにも記されている“猫という形のうつわに入った、ひ…

2019/3/2

全文を読む

関連記事をもっと見る

(P[む]1-18)コンビニたそがれ堂 猫たちの星座 (ポプラ文庫ピュアフル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

シリーズ第8弾は「猫に始まり猫に終わる」特別編的な3作。村山さんらしい温かい童話世界ではあるが、どの話も人生のエンディングや命をテーマにしているのが、このシリーズとしては珍しいと思ったら…あとがきを読んで納得!愛猫への想いに頷きつつウルッときた。私は猫よりも判り易い犬の方に目尻が下がるタイプだが、猫の良さを教えて貰った気分。妖怪?ねここの寂しさがチラッと描かれているのも切なくて次作以降も見守り続けたいと思った。長かった冬の終わりに春の日差しを感じさせるような本作を読めて幸せ…心のリハビリには村山さんだ💛

2019/03/18

美登利

おお〜、これもにゃんこ本の1種でしたね。昨夜中に読み終われば222に参加出来たのに!今回でシリーズ8作目。村山さんの物語には猫は不可欠ですが、尚更このたそがれ堂シリーズには欠かせないねここちゃんの存在。美しい着物の上に白いエプロンドレスをしめた彼女を「こより」さんのイラストで堪能できるところも楽しみにしている読者の1人です。冬、クリスマス時期に本当にこの物語は似合いますよね。稲荷寿司はよくても真夏のおでんはちょっとね(笑)私が欲しいものは何だろう?このシリーズを読む度に考えてしまうけれどまだ見つからない。

2019/02/23

じょんじょん

『猫たちの星座』初のコンビニたそがれ堂シリーズです。 「竜宮ホテル」とも通じるファンタジー村山早紀作品。ほのぼのとした中にも、せつなさが漂います。不思議コンビニたそがれ堂を訪ねてきた子猫に たそがれ堂スタッフ「ねここ」がふたつのお話をする形の二話サンドイッチの三話仕立て。全体に流れるピュアさと他者を思う自己犠牲の精神と愛に心洗われます。三話ともにキーマンなのは猫。最近、猫ラブが深まっているので、ストライクな作品でした。コンビニたそがれ堂シリーズをトレースしてみたいと思います。 iPhoneから送信

2019/03/01

佐島楓@勉強中

永遠は存在しない。でも、カタチを変えながら誰かの心に留まり続けることはできる。

2019/02/10

ユメ

クリスマスの夜に、心優しき猫たちとコンビニたそがれ堂が贈る小さな奇跡の物語。猫が全身全霊で人間に注いでくれる愛情の健気さが、真っ直ぐに訴えかけてくる。猫たちは小さな身体の中に、長い歴史をずっと人間に寄り添って生きてきたすべての猫の魂を宿していて、その想いの遥かさに、なお胸がいっぱいになるのだった。そして、愛情を受け継いできたのは猫だけではない。人間もそうだ。善意の灯火のリレーで紡がれてきた風早の街の物語が大好きで、読むたびに私も「この優しく美しい世界に生まれてきてよかった」と思える。

2019/02/21

感想・レビューをもっと見る