読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ナオタの星 (ポプラ文庫)

ナオタの星 (ポプラ文庫)

ナオタの星 (ポプラ文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
ポプラ社
発売日
2019-06-05
ISBN
9784591163108
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ナオタの星 (ポプラ文庫)」のおすすめレビュー

風俗で指名した相手がまさかの…!? 本屋大賞2位で話題の小野寺史宜による“全力で後ろ向き”な青春小説『ナオタの星』

『ナオタの星(ポプラ文庫)』(小野寺史宜/ポプラ社)

「ひとってそんなに成長しないでしょ」と、作家・小野寺史宜さんは言う。「だいたいの人間はそうだろうから、全力で後ろ向きで走る小説があってもいいんじゃないかな」と。このたび文庫化された『ナオタの星(ポプラ文庫)』(ポプラ社)はまさしく、“全力で後ろ向き”な小説だった。

 シナリオライターになりたくて会社をやめたナオタ(小倉直丈)。2年がんばってきたけど、最終選考に残る以上の成果はなし。もうすぐ30歳。同級生はプロ野球選手として活躍し、書くことに興味のなかったはずの妹(小倉琴恵)は作家として売れている。貯金はそろそろやばくて、階上に住む住人は生活音がドシドシうるさい。彼女にもフラれてしまった。いいことなんて、ひとつもない。だけどなぜだろう。シナリオを書くこと以外は確たる信念もない、流されるまま生きている彼の姿に、静かに揺さぶられる。じわりじわりと心の深い部分に侵食してきて、読むのをやめられなくなってくる。

 平凡なナオタの日常にもイレギュラーは起きる。フラれた反動で入った風俗店で、指名した相手が小学校時…

2019/6/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ナオタの星 (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

直丈29歳シナリオライターを目指し会社を辞めるも2年連続賞に落ちた日彼女にもフラれてしまう、偶然入った風俗で小学生時代の宝物だったマドンナに再会してしまった、彼女の事を聞くため連絡した友人がきっかけで現役プロ野球選手である同級生に再会し妻の尾行を依頼されたり、あまりに足音が煩い2階の住人に文句を言いに行って懐かれてしまったり、夢にがむしゃらでもなく善良過ぎるわけでもない等身大のナオタのそんなこんなの何気ない日常、しかし小学校のほんの短い期間一緒になっただけの同級生の事をそんなに覚えているものなのかな。

2019/07/31

ゆみねこ

会社を辞めてシナリオライターを目指しているナオタ。憧れの小学生時代の同級生・梨紗との思わぬ出会い、プロ野球選手となり大活躍中の頼也からの奇妙な仕事の依頼、アパートの二階の住人・菊池澄香との関わり。ナオタのダメっぷりに最初はイライラしたけれど、再会から始まる新しい人生の展開に感動しました。

2020/05/06

chimako

ナオタの星は誰だったんだろう。初恋の女の子 梨紗?同級生のプロ野球選手 頼也?頼也の妻 美紀?……会社を辞めシナリオを書くナオタ。誰からも認められず彼女にはふられ初めて入ったヘルスで出会ったのは驚きの美女。そんなときかつての友だちから「妻の尾行」を依頼される。何ともハッキリしない主人公ナオタのお尻を叩きたくなるような前半。それでも憎めないナオタに寄り添うように読み進めると登場する逞しい母ちゃん。頼りになる妹。そしていつか読み手はナオタの応援団となる。小道具のゾンビが効いている。あの話、好きだなぁ。

2019/09/03

mayu

小野寺さんなのに、風俗?ヘルス嬢って「風邪を引いたから内科に行く。気分がすぐれないから精神科に行く。エッチなことをしたくなったからフーゾクに行く。それって普通のことでしょ?違うの?」指名したのは、小学生時代のマドンナ、梨紗。シナリオライターになりたいナオタ。セキュリティ抜群の華麗なるミミズのたくり文字(笑)同じ星のもとに生まれながら圧倒的な差がついてしまった、プロ野球選手になった頼也からの頼みごと。階上の恐竜、恐子こと菊地澄香。美樹とゾンビの話をしてるのが楽しかったな。これでプロになれるかな?

2020/07/30

さおり

はじめましての小野寺さん。読んでみたいと思ってた作家さんで、裏のあらすじにプロ野球選手が絡んでくるようなこと書いてたから、買ってみました。主人公はシナリオ作家を目指すナオタ。彼のまわりでいろんなことが起こるんだけど、そういうのを「シナリオならあり得ないと斬るけど、現実にはこんなことも起こっちゃうんだよね」みたいに書くのはなんかずるいなぁと思った。そして、プロ野球選手はがっつり絡むが、野球は特に絡まんかった。まぁでもおもしろかったな。厚い本だけど飽きることはなかったし。

2019/08/30

感想・レビューをもっと見る