読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アニマルバスと よるのもり

アニマルバスと よるのもり

アニマルバスと よるのもり

作家
こてら しほ
あさのますみ
出版社
ポプラ社
発売日
2019-08-05
ISBN
9784591163450
amazonで購入する

ジャンル

アニマルバスと よるのもり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

このかわいいシリーズ、保育園のころに夢中で読んでいたな、と先日思い出して、図書館で借りたら大ヒット!娘だけでなく、遊びに来ていたお友達に大うけでした。やっぱり女子の基本はかわいいの共有なのね。

2020/07/01

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《本屋》夜の運転は、やはり、恐いかなあ。仕事の都合で、教習所の練習は、夜中。昼間の運転がしばらく苦手でした。

2019/08/10

遠い日

「アニマルバス」シリーズ。いつも一生懸命なバスたち。夜の森が怖いプードルバスのモコ。そんなモコにみんながいいアドバイスをくれる。そして、自分の怖い気持ちに打ち勝とうと努力する姿がいい。だって、バスだもの。お客さんを無事に届けるのが仕事だもの。冷静になってみれば、怖いものの正体もちゃんと見えることに気づいたモコ。成長ですね。

2020/09/12

はすまま

既に何度も読んだ!一生懸命がんばるプードルバスのもこちゃん。みんなが応援に来てくれるのも優しい。立派なバスになれるといいね!4.3歳 絵本

2020/08/25

harumamayaca

ひとり読み(6歳)

2019/10/17

感想・レビューをもっと見る