読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

i (ポプラ文庫)

i (ポプラ文庫)

i (ポプラ文庫)

作家
西加奈子
出版社
ポプラ社
発売日
2019-11-06
ISBN
9784591164457
amazonで購入する Kindle版を購入する

「i (ポプラ文庫)」のおすすめレビュー

刊行当時よりますます増している、“今”を描くビビッドさ――西加奈子の叫びが詰まった『i(アイ)』に揺さぶられる人多数!

※「第5回 レビュアー大賞」対象作品 『i』(西加奈子/ポプラ社)

「私自身、世界側の人間として、こうありたいということを、このタイミングで大声でめっちゃ叫んでみました」「ここに書いてあることは“今の世界”やから、ビビッドなうちに読んでもらえたらうれしいです」――これは、西加奈子さんが『i(アイ)』を刊行した際、又吉直樹さんとの対談で言っていたことだが、4年近く経過した2020年の今も、同書に描かれていることは変わらずビビッドであると思う。むしろ、訴えてくるものの強烈さは、増しているのではないだろうか。

 主人公は、ワイルド曽田アイ。アメリカ人の父と日本人の母をもつ、シリア生まれの養子。苦境に生きるシリアの子どもたちのなかでなぜ自分だけが選ばれてしまったのか。世界中で、毎日、多くの事故や事件で人々が尊い命を落としているなかで、なぜ自分は生き残り続けているのか。繊細で聡明であるがゆえにアイは傷つき、悩み続けている。

〈自分のアイデンティティーについて改めて考えさせられた。と同時に、今、コロナウィルスの感染が広がり多くの人がなくなっている中で、自分が生きて…

2020/9/21

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「i (ポプラ文庫)」の関連記事

『木曜日にはココアを』をレビューしたくるぽんさんが王者に! 【読書メーター×ダ・ヴィンチ「第5回 レビュアー大賞」】

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動してベストレビュアーを決定する「レビュアー大賞」。9月21日(月)の課題図書発表から約3カ月間の審査・投票を経て、“ベスト・オブ・ベスト・レビュアー”が12月16日(水)に決定しました。

「レビュアー大賞」は課題図書8作品のレビューを一般公募。予選・本選を経て各作品ごとにベストレビュアーを1名ずつ合計8名を選出、さらにベストレビュアー8名の中から”ベスト・オブ・ベスト・レビュアー”1名を選出するという企画。5回目となる今回の結果は以下の通りとなりました。

【ベスト・オブ・ベストレビュアー】 くるぽんさん:『木曜日にはココアを』(青山美智子/宝島社)

『木曜日にはココアを』 (青山美智子/宝島社)

【ベストレビュアー】 蜜柑さん:『烏に単は似合わない』(阿部智里/文藝春秋) よつばさん:『僕が僕をやめる日』(松村涼哉/KADOKAWA) やっさんさん:『浅田家!』(中野量太/徳間書店) seiさん:『七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV』(石田衣良/文藝春秋) …

2020/12/16

全文を読む

ベストレビュアーを決めるのはあなた! ユーザーの熱いレビューが大集合の読書メーター×ダ・ヴィンチ「第5回 レビュアー大賞」第2次審査投票が開始

 日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』が連動し、ベストレビュアーを決定するコンテスト「第5回 レビュアー大賞」の優秀レビュアー24名が決定し、第2次審査投票が開始されました。

 同企画は、課題図書8作品のレビューを募集し、予選・本選を経て各作品ごとにベストレビュアーを1名ずつ決定。さらにその中から“ベスト・オブ・ベストレビュアー”を選出するというもの。

 課題図書のラインナップは「癒される連作短編集」として話題の青山美智子の『木曜日にはココアを』や、映画を中野量太監督自らが小説化した『浅田家!』を含む注目の8作品。現在、優秀レビュアーに選出された各作品3名ずつのレビューは、特設ページで見ることができます。

 課題図書を読んだ人も、まだ読んでいないという人も、優秀レビュアーの素晴らしいレビューを読み「これは!」と思うレビューに投票してみましょう。投票期間は2020年12月6日(日)まで!

〈第5回 読書メーター×ダ・ヴィンチ レビュアー大賞〉 【開催⽇時】 投票期間:2020年11⽉23⽇(⽉・祝)12:00〜1…

2020/11/23

全文を読む

関連記事をもっと見る

i (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鉄之助

「この世界にアイは存在しません。」本文中にいったい何回繰り返されているか? 思わず数えてしまった。何と23回! アイは主人公の名前であり、Iであり愛。読了後も、ずっと私の頭の中でこだましている。「自分が恵まれているいることを恥ずかしいと思う」アイが、親友ミナ(ALLの隠喩)や夫ユウ(YOU)と出合うことで自分らしさを発見、成長する物語。ミナは言う。「(恵まれていることを恥じる)その気持ちは大切だと思う。何かと繫がる気持ちだから」。相手を思いやる想像力、いま最も求められているテーマが、そこにはあった。

2020/10/01

bunmei

「この世にアイは存在しない」の言葉の洗礼を受け、自分だけが幸せに生きることへの枷となり、蟠りを持ち続けてきたアイ。西さんは、今でこそ大阪弁でまくしたてる人気作家ですが、イラン生まれのエジプト育ちの幼少期に、見聞きしてきた現実が、こうした主人公・アイを生み出した原動力になっているのでしょうね。また、男性からはなかなか分かりにくい、女性特有の繊細な心のヒダや葛藤を、残酷にも且つ優しく描いていると思います。又吉さんとの対談にもあった、ラストシーンに繰り返される文章表現が、自分もとても印象深く残りました。

2019/12/03

あきら

口に出る少し手前の言葉を、とても巧みに言語化されてると感じた。 色々な立場や置かれている環境で、考え方も変わる。 恵まれていることが恵まれていない、ということも確かにあるのだろうなあ。

2022/05/02

ponpon

シリアに生まれ、アメリカ人の夫と日本人の妻の家庭に養子として迎えられた少女・アイ。彼女が様々な葛藤を乗り越えてアイデンティを確立していく物語。世界各地では、戦争や災害そして飢餓により多数の命が喪われているのに、自分だけ恵まれた暮らしをしていて良いのか?と自問自答する日々。災害や戦争内乱で犠牲が出ると誰もが思うものの、日々の暮らしに追われ一過性のものになりがち。自罰的になる必要は無いが、手をさしのべることを忘れてはいけないのかな。思うところ多数ですが、怒涛の勢いで一気読みでした。著者の力量に感服。

2019/11/20

hit4papa

アメリカ人と日本人の夫婦の養子として育ったシリア人女子の物語です。裕福な両親に愛されてきた主役アイ。アイは、自身の幸運に罪悪感を抱き、世界の人々の不幸な死を記録し続けざるを得ません。頭脳明晰であり、何不自由がない故に、かえって不自由を感じる多感な日々がつづられます。自身の輪郭を見失い、確かなものに憧れ続けるアイに共感してしまいました。アイは、i (アイ)=虚数の存在を認める数学に没頭します。タイトルの意味を含めて奥が深いですね。ラストの失速気味ですが、仲違いした最愛の親友とのひと時は、ちょっとホロリ。

2022/05/31

感想・レビューをもっと見る