読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日々猫だらけ ときどき小鳥

日々猫だらけ ときどき小鳥

日々猫だらけ ときどき小鳥

作家
あさのますみ
出版社
ポプラ社
発売日
2020-02-20
ISBN
9784591166109
amazonで購入する

「日々猫だらけ ときどき小鳥」のおすすめレビュー

猫4匹と鳥2羽の賑やかな暮らしが愛おしい!『日々猫だらけ ときどき小鳥』

『日々猫だらけ ときどき小鳥』(あさのますみ/ポプラ社)

 単調な毎日に喜怒哀楽をもたらしてくれる。動物には、そんな力があるように思う。筆者は3匹の猫と暮らしているが、猫という動物に魅了されている。気ままでイタズラ好きで思い通りにならない。それなのに、名前を呼んだだけで喉を鳴らしてくれる。そんな姿を見ると、動物はつくづく不思議で愛くるしいと思えてしまう。

『日々猫だらけ ときどき小鳥』(あさのますみ/ポプラ社)は、そんな動物愛を増幅させるエッセイだ。

 著者で声優として活躍するあさのますみさんはもともと2羽の鳥飼いだったが、3匹の猫と暮らす男性と結婚。入籍前、ひょんなことから出会った白猫「おもちちゃん」も迎え入れ、2人と猫4匹&鳥2羽という賑やかな生活をスタートさせた。

 鳥にとって本来、猫は天敵。仲良く共存することは難しいように思える。しかし、あさのさん夫婦は安全面に配慮しながら、家族みんなが伸び伸びと暮らせるように工夫。穏やかな毎日を送っている。

 名前に大切な願いが込められた猫の「アルクくん」や生後0日で保護された知的猫の「シマちゃん」、猫なのに…

2020/2/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

日々猫だらけ ときどき小鳥 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こみっくま@絶好調で一歩前進~♫♪

平べったい猫の顔にKOされ手に取ったが存外心を揺さぶられた。あさのさんはインコとスズメそして保護したての猫1匹を、旦那様は猫3匹を連れ結婚生活スタート。天敵同士と思われる猫と鳥。ケージ外にアクリル壁を設置。一日一回の放鳥には猫を部屋から出し、ストレスにならないよう決まりを作り楽しむ様子に癒される。4匹+2羽。様々なこだわりや癖、怪我や病気で心配する一方、何倍もの幸せに浸る。しかしお別れは必ず来る。その時に後悔しないよう『「あとでね」じゃなく「じゃあちょっとだけね」と言って接する事』はい!肝に銘じます。

2020/05/06

Mr.deep

生まれたときからそこに猫がいたようなガチ勢とは違う、「一般人」の視点と感性で紡がれる多頭飼いの日常雑感。つくづくあさのますみのエッセイの才能に嫉妬させられます。とりあえずアルクたんはあはあ

2020/03/14

cinnamon

猫やスズメを保護したときのことや、一緒に生活する様子が、善し悪し関係なくありのまま書かれたエッセイ。みんなの個性、獣医さんに突き放されたときのこと、亡くなったときの苦しみ悲しみ。その時々の感情の描写が丁寧で読み入ってしまう。ご本人は弱った生き物を助けたいという衝動で動いているのだろうけれど、命に対する責任を感じる。可愛いだけではなく、まさしく日常。

2021/01/20

morelemon

人間+猫+鳥のエッセイ。それぞれが個性的な姿を見せてくれるようでほっこりしました。動物と暮らしたことのない私にはうらやましい姿です。

2020/03/21

yosida95

cakes 炎上をきっかけに浅野真澄さんの「あさのますみ」名義の活動に興味を持って入手しやすかった本書を読んでみた。全編を通して猫たちと鳥たちを慈しむ眼差しと夫・畑健二郎先生の底なしの優しさ、そしておふたりが動物たちに寄り添う姿がありありと伝わってきた。最終ページの集合写真がとにかく温かく、本編のイメージの通りだった。こんなことなら #とれとれ で先行販売(?)をしていたときに購入すればよかった。

2021/02/08

感想・レビューをもっと見る