読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

([さ]9-1)けものよろず診療お助け録 (ポプラ文庫)

([さ]9-1)けものよろず診療お助け録 (ポプラ文庫)

([さ]9-1)けものよろず診療お助け録 (ポプラ文庫)

作家
澤見彰
出版社
ポプラ社
発売日
2020-02-05
ISBN
9784591166192
amazonで購入する

([さ]9-1)けものよろず診療お助け録 (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kagetrasama-aoi(葵・橘)

表紙絵の可愛らしさに惹かれて手に取った一冊。臨時廻り同心の娘亥乃(いの)と薩摩藩士の比野勘八(御鳥方と言う役職、現在の獣医師みたいな役目らしい。)がふとした切っ掛けで知り合い、動物や鳥に関わる謎解きするお話。表紙絵の雰囲気を損なわず、殺伐とした事件ではないので安心して読めました。亥乃は勘八に恋心を抱いているようですが…。続編あるのかな?あと、亥乃が同心の娘と言うには、言動が町娘に感じられてちょっと違和感が!そこは残念に感じました。

2021/03/14

タイトル読みした作品。ぷち謎解きと、ほっこりな空気。家斉さんの奥さんのお父さんが、薩摩の趣味人なキャラってことで、インプットされました。続編出たら読みます♪

2021/08/25

keith

同心の娘が薩摩藩の今で言う獣医師と出会い、動物にまつわる謎を解決するお話。まあ、解決するのは獣医師ですが。軽く読めます。

2020/09/08

宇宙猫

★★★★★ 臨時廻り同心の娘 亥乃が、薩摩藩の御鳥方(獣医師)比野と動物絡みの事件を解決する話。鈍感な比野の恋する亥乃が、やきもきするところが微笑ましくて応援したくなる。兎の名前がお芋っていうのも可愛い。

2020/04/02

Nazolove

動物の医者、というテーマで描かれた小説。 普通の好青年かと思ったら動物に詳しいお医者さんというまた普通の設定であった。 しかし絵のイメージ、分かりやすさ、テンポ良さ、これに尽きるよい作品であった。 個人的にはこのままラブロマンス的なことにはならないのかななんて思いながら次作が楽しみになる作品であった。 ちょこちょこ江戸の時代背景も交えつつの作品であったので動物好き、歴史好きどちらにもおすすめしたい作品である。

2020/06/28

感想・レビューをもっと見る