読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

([ん]1-15)夜更けのおつまみ (ポプラ文庫)

([ん]1-15)夜更けのおつまみ (ポプラ文庫)

([ん]1-15)夜更けのおつまみ (ポプラ文庫)

作家
東山彰良
吉川トリコ
出版社
ポプラ社
発売日
2020-03-05
ISBN
9784591166345
amazonで購入する Kindle版を購入する

([ん]1-15)夜更けのおつまみ (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

毎日少しずつ読んだ。夜更けじゃなくても呑みたくなる!31名の皆さんの夜更けのおつまみ。面白かった。夜更けだものササッとが好いよね。生ハム・チーズ・野菜・豆腐・・ビールにワイン、日本酒、いや、ウーロン茶もある。トップバッターは東山作家、自家製生ハムだもの一番時間がかかってる。それもまた一興だ。久住さんの味噌汁をアテに冷酒は試したことが無いなぁ(笑)

2020/03/10

fwhd8325

コロナで、自粛生活の中、家で飲む機会も多くなったように思います。若い頃は、つまみがなくてもアルコールがあればそれだけでいいと思っていましたが、最近は、まず何をアテにするかを考えます。みなさんのこだわりのおつまみは、どれも刺激してくれます。特に食べたい!と思ったのが、ししゃもの干物。これで一杯は堪えられないだろうな。週末は、スモーキーなウィスキーとカカオ多めのチョコとドライフルーツで一杯かな。

2020/06/25

びわこっこ

おつまみにまつわるエッセイとレシピなどが紹介されている。夜更けなので、あまりガッツリ系でなく、簡単に作れるものが多いので、レシピがあると作ろうかなと思う。ただ、外国のものは想像がつかないが。エッセイを書いた31人の作家さんと、賞を受賞した作品が紹介されているので、ブックガイドにもなる。三浦しをんさんが断酒できなくなったエピソードと共に、ワインの蘊蓄が書かれた爆笑エッセイが紹介されていたので、読みたい本に登録しました。

2021/04/04

ぶんこ

お酒を飲める幸せがふつふつと伝わってくるエッセイ。お酒が好きとは言えないのですが、居酒屋は好き。こちらのエッセイにも我が家と同じようなご夫婦がいらっしゃいました。そして「一人居酒屋」を楽しむ日向さんが素敵でした。一度はやってみたいけれど、多分できないかな。美味しいおつまみと、それに合ったお酒を楽しむ時間が羨ましいくらいです。美味しいものを少しずつというのは、お酒なしでも楽しめるのでおつまみ作りを楽しみましょう。

2021/06/06

Kazuko Ohta

お酒大好きですが、つまみはなくても良い人間です。食事と共に飲酒して、食事が終わればアルコールだけでOK。夜更けにつまみを食べて飲酒したら体重増えるやんと思うから。でもこうしてこの本を読むと、作ってみたくなるつまみがいくつか。レシピが掲載されているものもあれば、掲載するまでもないものもあり、好き勝手な体裁が楽しい。読んだことのない作家もたくさんいて、興味を惹かれます。「食欲と性欲が欠けている小説」を書くと言われた綾崎さん。前者についての言い訳はわかりましたが、後者についてはどうなのかが気になります(笑)。

2021/06/15

感想・レビューをもっと見る