読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

エンディングドレス (ポプラ文庫)

エンディングドレス (ポプラ文庫)

エンディングドレス (ポプラ文庫)

作家
蛭田亜紗子
出版社
ポプラ社
発売日
2020-06-04
ISBN
9784591166963
amazonで購入する Kindle版を購入する

「エンディングドレス (ポプラ文庫)」の関連記事

32歳の若さで夫に先立たれ自分も死ぬ準備を…あなたならどうする? 『エンディングドレス』が文庫に!

本日発売の「文庫本」の内容をいち早く紹介! サイズが小さいので移動などの持ち運びにも便利で、値段も手ごろに入手できるのが文庫本の魅力。読み逃していた“人気作品”を楽しむことができる、貴重なチャンスをお見逃しなく。 《以下のインタビューは単行本刊行時(2018年6月)にお話をうかがった内容です》

 約1年前、夫を病気で亡くした32歳の麻緒(あさお)。未来に希望を見いだせず、みずからも死ぬ準備をはじめた彼女の目に飛び込んできたのは“終末の洋裁教室”のチラシ。それは死に装束を縫うための教室だった――。エンディングノートならぬエンディングドレスを繕うことで、ふたたび生きる力を取り戻してく女性を描いた小説『エンディングドレス』(ポプラ社)。著者の蛭田亜紗子さんにお話をうかがった。

■誰でもやればやるほど上達していく、洋裁の魅力

――「終活」や「エンディングノート」という言葉は世間にもかなり浸透していると思うのですが、「エンディングドレス」という言葉は今回はじめて知りました。

蛭田亜紗子(以下、蛭田) 実際に使われている言葉で、専門店もあるんですよ。だけど死に装束な…

2020/6/4

全文を読む

関連記事をもっと見る

エンディングドレス (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たるき( ´ ▽ ` )ノ

読友さんのランキング本棚を見て、興味を持ったので購入。まずこの表紙が好き♫エンディングドレスなんて考えたこともなかったな。自分の服を自分で作ったことがないので、チャレンジしてみたくなった。少しずつ少しずつ先のことを考えられるようになっていく麻緒がとても印象的だった。またしばらくしたら読み返したい!大好きな一冊になった。

2021/01/17

ピロ麻呂

若くして夫に先立たれ、自死を考える女性が洋裁教室で出会う人々を通じて再生していく物語。今まで読んだ蛭田作品はドロドロしたイメージがあったけど、本作品は心暖まる系。お気に入りの服を着ておしゃれしたくなりました(^o^)

2020/06/13

高宮朱雀

最愛の夫と愛猫を亡くし、人生に絶望した女性が死装束を作る教室に通う事で自身の内面ときちんと向き合い、未来にささやかな希望を持てるまでに至る再生の物語。 私は主人公のように子供がいない。もし突然、何かの形で夫を亡くしたらという不安が消えた事も一度もない。そんな不安の中で購入した一冊だった。 麻緒の未来を邪魔しないように、生前から少しずつ身辺整理をしていた弦一郎の心痛も察するにあまりある。でも旧姓に戻す事が必要とは思えないな。そこは個人の考えと価値観だけれど。

2020/11/11

miu

表紙買い。とっても可愛い。死ぬことばかり考えていた主人公がエンディングドレスを作る教室に通い始めて、一針一針進める毎に生きることを考え始める。この世の終わりと思った時があっても、人は前に進めるし生きる意味を見出せる。なんとなく手に取った本だったけれど、読んでよかった。

2020/10/24

まめこ

最愛の夫と愛猫を亡くし、生きる希望をなくし後を追うことしか考えていなかった麻緒が、自らの死装束を作る「終末の洋裁教室」に出会う。教室に通う3人の老女や小針先生とゆるやかに繋がり、ひと針ひと針縫うごとに光の方向を向けるようになっていく。どん底の悲しみと苦しみが少しずつ癒され、誰にも言えない後悔を抱える自分をも許してゆく。その再生の過程でも、パフェを食べて思わず美味しい。とつぶやいた、変わりつつある自分に対して胸を痛めていた麻緒が「自己紹介の代わりの一着を縫いましょう」という課題のときに縫った生成りの→

2021/03/29

感想・レビューをもっと見る