読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏空白花 (ポプラ文庫)

夏空白花 (ポプラ文庫)

夏空白花 (ポプラ文庫)

作家
須賀しのぶ
出版社
ポプラ社
発売日
2020-07-07
ISBN
9784591167199
amazonで購入する Kindle版を購入する

「夏空白花 (ポプラ文庫)」の関連記事

夏の甲子園の復活劇!──『夏空白花』文庫化に「球児たちの無念さが分かるから、今読むとさらに泣けそう」と反響続出

『夏空白花』(須賀しのぶ/ポプラ社)

 全国の高校球児たちが熱いドラマを繰り広げる「夏の甲子園」。今年は新型コロナウイルスの影響によって開催が中止となり、やりきれない想いを抱えている人も多いだろう。そんな苦境のまっただ中で、失われた「夏の甲子園」の復活劇を描いた小説『夏空白花』が文庫化。ネット上で「甲子園大会がなくなった今だからこそ読みたくなりました」「球児たちの無念さが分かるから、今読むとさらに泣けそうです」と話題を呼んでいる。

 夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)が最初に開催されたのは1915年のこと。1941年には太平洋戦争の勃発によって地方大会の途中で中止となり、その後“空白の4年間”が存在する。『夏空白花』では敗戦直後の1945年を舞台として、甲子園大会が復活を遂げるまでの物語が描かれていく。

 主人公の神住匡(かすみ・ただし)は大阪朝日新聞の記者であり、かつて高校野球のヒーローになりそこねた男。神住は人々の熱い想いと祈りに触れ、戦争によって失われていた高校野球大会を復活させるために全国を奔走する。しかしそこで立ちふさがったのは思惑を抱…

2020/8/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

夏空白花 (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Wan-Nyans

★4感動した。今年は例外として、当たり前のように夏の甲子園が開催されなかった時代。終戦後の瓦礫と焼け野原の中から復活にかけた人々の物語。GHQの統制の元、日本が愛する”野球”と本家”ベースボール”のプライドのぶつかり合い。日本式の燃え尽きる事も辞さない学生野球至上主義は果たして民主主義の教育として適切なのか?まだプロ野球が発展途上にあった時代。日米問わず関わった人々の熱い想いに野球の素晴らしさを再認識した。野球には予想を越えたドラマが常にある。シーズンが終了して寂しい季節には野球小説で慰めよう(^^)

2020/12/18

カブ

戦後、全てを失ったこの国に高校野球、甲子園を取り戻そうと頑張った新聞記者がいた。戦争によって人々の運命は大きく変わってしまう。自分の力ではどうにもならない運命。それでも人は立ち上がる、目標に向かって歩み続ける。夢と希望の持てる物語。

2020/12/19

hrmt

野球場の接収、道具の不足、食物の不足、生きるだけで精一杯の時代に学生野球大会を復活させることの意義。日系人投手が「心臓を投げている」と米人選手に語ったように“一球入魂”なんて言葉があるのも日本野球を象徴している。今でも高校野球はプロとは違う熱を感じる。休日返上しての練習、連日の炎天下で試合、スタンドでの必死の応援。まさに苦行に見える。好きに違いなくとも、本人達が望んだのだとしても、重荷を背負わせているのも本当だろう。戦争で踏みにじられた学生の夢を、戦後は楽しみと笑顔に溢れたスポーツに昇華できたのだろうか。

2020/09/06

ponpon

戦争で途絶えていた高校野球を再開させるための悪戦苦闘の物語。終戦の日、朝日新聞大阪本社の記者・神住の思いから物語が動き出す。野球用品のみならず毎日の食料不足のなかで徐々に賛同者を増やし、文部省やGHQまでも説得し翌年の実現にこぎ着けるまでが描かれる。国民を戦争に煽りつつもGHQの制裁で寝返った朝日の無責任さが鼻についたが、登場人物らの野球への情熱の前にはどうでもよくなる。ことに高校野球の精神主義と軍国との関連を疑うGHQを対戦を通じて解きほぐす過程は読みごたえある。甲子園が中止となった今こそ読む価値あり。

2020/07/21

ヒロキ

遡ること本書は日本が戦争に敗れた翌日から、高校野球大会の復活に向けて動き出した新聞記者の物語。 勝利至上主義で勝つためだけにするスポーツも必要かもしれないが、高校生は楽しんでプレーすることが大切な当たり前のことを思い出させてくれた。 甲子園を夢見て頑張ってきた球児の想いに応えられるのは大会を運営する大人で、誰もが野球を好きなわけではなく、戦後の時期に高校野球なんてと言われて批判されても、"今"しかその夢を叶えられないもどかしさと葛藤しているのが今の時代とリンクしているように思えた。

2020/08/15

感想・レビューをもっと見る