読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

防災イツモマニュアル

防災イツモマニュアル

防災イツモマニュアル

作家
防災イツモプロジェクト
寄藤文平
プラスアーツ
出版社
ポプラ社
発売日
2020-08-19
ISBN
9784591167359
amazonで購入する Kindle版を購入する

「防災イツモマニュアル」の関連記事

自然解凍のパンはおいしい? 冷凍したごはんや野菜、非常食を実際に食べてみました/防災イツモマニュアル⑧

地震・台風・感染症など、時に日常が一変します。そこで「イツモの暮らし」が「備え」になる、在宅避難の準備をしませんか? 本当に役立つ防災マニュアルから、避難と非常食について、「イツモ」できる役立つ知識をお届けします。

『防災イツモマニュアル』(防災イツモプロジェクト:編、寄藤文平:絵、NPO法人プラス・アーツ:監修/ポプラ社)

ルポ・自然解凍で食べてみました

冷凍しているものはたいてい加熱して食べますが、災害時は電気やガスがなく、調理できないことも考えられます。そこでいろいろなものを、自然解凍し、食べ比べてみました。

パン

パンは1枚ずつラップにくるんで冷凍します。1~2時間で解凍できます。

食パン ★★☆ 時間が経ちすぎると少しパサパサする。

ロールパン ★★★ 時間が経ってもふわふわのまま。

菓子パン風クロワッサン ★★★ 甘みも残っており食べ応えもある。

ごはん

自然解凍だと、ぼそぼそして、おすすめできません。雑炊やおじやにすると、おいしく食べることができます。

ルポ・自然解凍で食べてみました

野菜

野菜は水気を切って、ラップで密封してから冷凍します。缶詰やフリーズド…

2020/9/8

全文を読む

節水しながらおいしく調理! 袋でできる非常食レシピ/防災イツモマニュアル⑦

地震・台風・感染症など、時に日常が一変します。そこで「イツモの暮らし」が「備え」になる、在宅避難の準備をしませんか? 本当に役立つ防災マニュアルから、避難と非常食について、「イツモ」できる役立つ知識をお届けします。

『防災イツモマニュアル』(防災イツモプロジェクト:編、寄藤文平:絵、NPO法人プラス・アーツ:監修/ポプラ社)

レシピ・乾物サラダのつくり方

袋の中で調理するので衛生的で、洗い物も減らせます。手が洗えないときは、手に袋をかぶせて調理しましょう。

1 乾物を小さく切って袋の中へ

2 水を入れ、もどす

3 水を切る

4 具材を入れる

5 味つけをして混ぜる

6 袋のまま紙食器にうつして完成!

レシピ・節水してお米を炊く方法

お湯を繰り返し使えるので節水に。複数のポリ袋を使えば、食材を一斉に調理することもできます。ポリ袋は湯せん調理可能な食品用の「高密度ポリエチレン」を使いましょう。

1 鍋の中に水を入れて沸騰させる。(雨水や川の水などでもOK)

2 湯せん調理可能な食品用ビニール袋の中にお米(研がないまま)・お米と同量のキレイなお水を入れて、中の空気を抜き、輪ゴム…

2020/9/7

全文を読む

関連記事をもっと見る

防災イツモマニュアル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

えっくん

★★★★☆これからの災害発生時には衛生面や環境面で問題の多い避難所よりも在宅避難が防災のカギになるということで、命をつなぐための水や食料、電気・ガスの確保、家具類の転倒防止、簡易トイレの作り方、応急手当などのノウハウが満載です。特に大規模災害時の下水処理の復旧には相当の時間を要するため、トイレに水を無理やり流すと詰まったり逆流するなどトイレ問題は相当深刻になるそうです。日本は災害大国であり、本書のタイトルにあるように「イツモ」身近な存在であることを踏まえ、少しづつ防災グッズの準備などを進めたいものです。

2021/04/16

感想・レビューをもっと見る