読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わたしのもう一つの国: ブラジル、娘とふたり旅

わたしのもう一つの国: ブラジル、娘とふたり旅

わたしのもう一つの国: ブラジル、娘とふたり旅

作家
角野栄子
出版社
ポプラ社
発売日
2020-10-14
ISBN
9784591167953
amazonで購入する

わたしのもう一つの国: ブラジル、娘とふたり旅 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

魔女の宅急便の角野さん。結婚と同時にブラジルで数年働き、その後娘さんを産んで自由時間が取れるようになってから、再度ブラジルの地を2人で旅したエッセイです。娘さんが凄くしっかりしてる!だけど凄く古い話なので、なぜ今これが新装されて出たのかよく分からない。40年近く経ってブラジルの情勢ももちろん日本も変わってしまった。娘さんとの共著ってことだからかな、で良いのかしらね。

2021/01/12

シャコタンブルー

著者が2018年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞したのは記憶している。代表作の魔女の宅急便の原作は読んでいないが、映画は面白かった。この本は40年前に刊行された本に加筆して出版したものだが、何故!?今そんな昔の旅の話をという疑念は最後まで残ってしまった。旅のワクワク感ハラハラ感があまり伝わってこなかった。当時40代の角野さんと中学生の娘のリオさんの女二人旅ならではの波乱万丈の旅の期待感を求めすぎたかも知れない。

2020/11/09

ミクト

素晴らしい教育だと思った。中学2年生という多感な時期に外国を知ることは人生にどれだけ影響を与えてくれただろう。外国に行くとかじゃなくても大人が子供に一対一で向き合う時間は必要だと思う。しかも40年前のブラジル。準備として2年のケチケチ生活も経済を学ぶには大切なことだ。貧富の差も人種も日経ブラジル人の歴史も何もかも日本とは違う。60年の時を経て、恩人と再会したのは嬉しい。SNSって凄い。世界は近くなった。私も四方八方地平線が見えるところに立ってみたい。地球の丸さを感じたい。

2021/02/14

Acha

童話を読まなくなって久しいが、角野さんのぽんぽんとリズミカルな文章、その柔らかさ、心浮き立つ人や街の描写の数々を読んで、子ども時代に戻ったような楽しい読書。なんと言っても40年も前の作品なのだ。牧歌的だが古びてはいない、素敵な童話の存在そのもの。そういえば角野さんの作品はキャラだち多いな、と気づく。こんなにも人が好きだからなのか。いいなーブラジル。また行きたい!

たっきー

初出1981年の作品。1970年代に著者と中2の娘(リオデジャネイロからとって「りお」と命名されたそうな)がブラジルを旅した記録。2人ともブラジルでの出来事を楽しんでいる様子が伝わってくる文章。

2020/12/08

感想・レビューをもっと見る