読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

みつばの郵便屋さん 階下の君は (ポプラ文庫)

みつばの郵便屋さん 階下の君は (ポプラ文庫)

みつばの郵便屋さん 階下の君は (ポプラ文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
ポプラ社
発売日
2020-11-06
ISBN
9784591168295
amazonで購入する Kindle版を購入する

みつばの郵便屋さん 階下の君は (ポプラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

みつば郵便屋さんシリーズの第6弾です。登場人物もしっかりとキャラが確立してるので、何の心配もなく安心して読むコトができます。主人公「秋宏」も30になり、これはこれで時の流れを感じます。先輩「谷」さんや「美郷」さんもサラッと登場し、兄「春行」もしっかりと登場します。相変わらずなんてコトない出会いから生まれる人情エピソードがそれぞれ秀逸で、4つの話でしたがイッキに読んでしまいました。本作に出てくる人は皆さん、本当にいい人ばかりでココロがほっこりします。他の作品で登場する方々もサラッと出てくるのがいいですね。

2020/11/07

モルク

シリーズ第6弾。秋宏もみつば郵便局7年目。年齢も30歳を迎えた。大きな変化はなく、まわりのあたたかい人々とのゆったりした時間が流れる。他の作品にも登場していた人が本作にも出ているのを目にするのは楽しい。次はいよいよたまきさんとの恋愛に進展とか、転勤とか変化があるのだろうか。

2021/06/07

初美マリン

シリーズ6、何気ないそれでいて大切な日々の暮らし日常、それがここにある

2021/02/15

いたろう

シリーズ第6作。ゆっくりとシリーズを読み進めてきたが、とうとう現時点での最新作に到ってしまった。配達先で、「殿堂入りのポストマンにしてこの町のダーリン」とまで言われ、皆に好かれている「みつばの郵便屋さん」平本秋宏。異動の目安が5年という郵便局で、みつば局も7年め、1作めで25歳だった彼も30歳。恋人のたまきは年上だし、次作あたりで、結婚話が出てきてもおかしくない? 早くまた続きが読みたい。ところで、たまきが住むカーサみつばの1階に住む、丸刈りの小説家は、小野寺さん自身がモデルなのでは?と思えて笑えてくる。

2021/08/12

えりこんぐ🐤

お久しぶりのみつば! あー、こんな人いたねぇの連続。カーサみつば、たまきの下に作家の横尾さんが住んでいる。『食っちゃ寝て書いて』(←タイトル合ってんのかな?)が未読なので早く読みたくなった。30になった秋宏だけど、たまきとのゴールインはまだなようで、シリーズは続きそうですね♪【積読59】

2021/05/06

感想・レビューをもっと見る