読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

広告の会社、作りました

広告の会社、作りました

広告の会社、作りました

作家
中村航
出版社
ポプラ社
発売日
2021-03-10
ISBN
9784591169476
amazonで購入する Kindle版を購入する

広告の会社、作りました / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

広告会社のデザイナーとして働いていた健一は突然の倒産で転職活動を余儀なくされたが一向に就職が決まらないまま三か月、ふと見つけた求人の面接先でいきなり広告の仕事をさせられる、会社と思って行った先はコピーライターが独立して一人でやっている個人事務所だった、取りあえず手伝ううちに仕事を覚え自身をつけていく「仕事は愉快に上機嫌に」天津の方針通り二人でコンビを組んで会社を設立、前向きで楽しいお仕事小説、わくわくして面白かった。

2021/03/31

よっち

突然会社の倒産を告げられ、いきなり無職になってしまったデザイナーの遠山健一。安定した転職先を求めたはずが、コピーライター天津孔明の個人事務所でフリーランスとして働くことになってしまうお仕事小説。変わり者の天津とコンビを組む事になった健一。戸惑いながらも二人で汲んでの仕事に見出してゆく楽しみ、そして倒産のきっかけとなった企業での出来レースコンペと法人化。不安を乗り越えて厳しい状況にも可能性を信じて立ち向かった勇気、その中での自身の成長とこれまでの縁、力を尽くした先にあった結末がなかなか印象に残る物語でした。

2021/04/15

M📚

会社が倒産し、無職になったデザイナーの健一が飛び込んだのはコピーライター・天津の個人事務所。とてもテンポが良く、さくさく読めるお仕事小説。話の展開も爽快で面白い。出てくるコピーがどれも素敵で終わり方がとても好きでした。

2021/04/29

coco夏ko10角

会社が倒産し求職中の健一、タウン誌の「デザイナー募集」を見て応募したらそこは個人事務所で…。明るくてテンポよくていい。プレゼンの内容も良かった。天津になんだか木戸さんみを感じる(カルボナーラの下りとか)。

2021/03/23

tetsubun1000mg

ずいぶん久しぶりに読む作家さん。本作は今まで読んだ中村航氏の作品で一番文章がうまいっ!と思いました。 最後まで書かずに省略したり、表情だけで表したりとかなり削ってあっさりと書いているとようで、設定現場の雰囲気が非常にリアルに感じました。 登場人物のキャラクターも魅力的ですが、嫌な役回りの人も効果的に配置されており主役たちを引き立てている。本としては厚くなく読みやすいですが心に残る良作と感じました。そのうちTVドラマになりそうな気がします。今の時代に非常に有っている物語と思いました。

2021/04/11

感想・レビューをもっと見る