読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜が暗いとはかぎらない (ポプラ文庫 て 3-4)

夜が暗いとはかぎらない (ポプラ文庫 て 3-4)

夜が暗いとはかぎらない (ポプラ文庫 て 3-4)

作家
寺地はるな
出版社
ポプラ社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784591170250
amazonで購入する Kindle版を購入する

夜が暗いとはかぎらない (ポプラ文庫 て 3-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

itico

寂れつつある「あかつき商店街」の周辺に住む登場人物の誰もが特別な人ってわけじゃない。でもひとくくりに「普通の人」と言うのとも違う。何だかなあ、ため息が出てしまったよ。しこりのようなものを胸に抱えているのは自分だけだと、いつの間にか思い込んでいたのかな。誰だって悩みのひとつやふたつはある。それでも生きている。内面はともかく、他から見たら普通に見えるくらいには、みんな頑張って生きているんだね。私もまだまだ大丈夫。明日も明後日も頑張れる。何気ない言葉が宝石のように輝いていて元気を貰えたよ。

2021/09/08

mayu

閉店が決まっている商店街、あかつきマーケット。そこのキャラクターあかつきんと、その周りの人たちを描いた連作短編集。人助けをするあかつきんは、ちょっとした話題になるけど、閉店が覆るわけじゃない。新しい道を踏み出して、希望に満ちているはずの朝だって明るいものとは限らない。何もかもうまくいかないように思えても、夜が暗いだけとは限らない。思い通りにいかないことは多々あるけど、一生懸命に生きる人たち。少しずつでも前へ進もうとする姿に元気をもらった。

2022/02/20

たるき( ´ ▽ ` )ノ

なんだかとても良かった。タイトルにも表紙にも心を惹かれ、買わずにはいられなかった。みんなそれぞれの人生を歩みながら、少しずつ影響し合っていたりして、微笑ましかったり胸が苦しくなったり・・・。あかつきんがいいアクセントになっていて和まされる(*´∇`*)素敵な作品に出逢えて嬉しかった♫

2021/09/09

katsubek

長めの作。されど、連作短篇集につき、比較的読みやすい。ただし、某作家並みに登場人物が有機的関連を持っている故、をさをさ油断すべからず。時には思い切って前に戻って読み返すのが肝要であろう。もしくは、メモを取りつつ読むか。ともかくも、最後にスッキリまとまってゆくのはさすがである。

2022/05/04

エドワード

大阪郊外のあかつきマーケット。小さな店舗が並ぶ薄暗い市場。花屋、和菓子屋、パン屋、色々な店の様々な世代の人々の心象風景がつながる様が見事だ。我家の近くにもこんな市場があったが今はスーパーだ。世の中は否応なく変わる。ネット通販、キャッシュレス決済、小さな商店が時代についていくのは本当に大変だと思う。ニュースや広告で「新しく変わります!」と謳うたびにどこもここも閉店していく。お祭りや福引きの風景はもはや稀少だ。不思議なタイトルは「新しいものが味わい深いとは限らない」の暗示だろうか。年男です。今年もよろしく。

2022/01/02

感想・レビューをもっと見る