読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こずえと申す (ポプラ物語館 86)

こずえと申す (ポプラ物語館 86)

こずえと申す (ポプラ物語館 86)

作家
吉田 道子
宮尾和孝
出版社
ポプラ社
発売日
2021-08-18
ISBN
9784591170540
amazonで購入する

こずえと申す (ポプラ物語館 86) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美紀ちゃん

草多は、おじいちゃんの家に引っ越すことに。弟を助けた女の子は、武家言葉がカッコいい、小学4年生のこずえ。「こずえどの」 身体に中心線があるとぐらつかない。体幹?気持ちのこと?土地開発で山に道ができるかもしれない。草多たちは、山にフィールドワークへ行き、生息している生き物や植物などをまとめて、参観日に発表をした。よくまとまっていて、遠くに住む父親もほめてくれた。目の前の問題に対して自分は何ができるか?考えて出来ることを行動して、まとめて発表会でみんなに伝える。そういう体験をするということが、とても良い。

2021/09/26

杏子

タイトルが変わっていて、借りてみた。武家言葉で話すこずえの存在と、考え方の違いから?別居することになった両親を持つ草多と洋の兄弟とが、噛み合わないような気がして、最後まで焦点があわなかった。しかし、子どもウケはよさそう。文字の大きさ、イラストを多用していること、しかもカラーページで!映像文化に育った子どもらからは。中学年以上向き。ストーリーもわかりやすい。しかし、文章読みからは物足りない!こずえが武家言葉を話すに至った経緯をもっと書いてほしい。あのようにずっとそれで通すには、説得力がない。それが知りたい。

2021/10/24

二宮なるみ

題名で思わず手にした作品。親の別居とか里山保全とか選挙とかいろいろ含まれてるんだけど、子どもたちはどう受け取るんだろ。こずえ殿という呼び方がただただ良かったな。

2021/10/19

感想・レビューをもっと見る